ここから本文です

戦型は矢倉に 広瀬章人竜王、王将に続いて挑戦権獲得目指す 佐々木大地五段と対局中/将棋・棋王戦挑決T

2019/11/26(火) 12:50配信

AbemaTIMES

 将棋の棋王戦挑戦者決定トーナメントの勝者組準決勝が11月26日に行われ、広瀬章人竜王(32)と佐々木大地五段(24)が午前10時から対局中だ。戦型は相居飛車の矢倉模様から進行している。

【中継映像】広瀬竜王 対 佐々木五段 戦型は矢倉に

 広瀬竜王は2005年4月に四段昇段。現在保持している竜王を含め、タイトル2期の実績があり、棋戦優勝は新人王戦の1回。順位戦でもA級と、棋界トップクラスで活躍する棋士の一人だ。現在は豊島将之名人(29)と、竜王戦七番勝負で対戦中(1勝3敗)。先日は王将戦挑戦者決定リーグ戦の最終戦で、藤井聡太七段(17)を破り、挑戦権を獲得した。

 佐々木五段は2016年4月に四段昇段。昨年度は自身初の最多勝利賞に輝いた。竜王戦6組、順位戦C級2組で、今年度の成績では7割近い高勝率を誇っている。師匠の深浦康市九段(47)譲りの粘りも持ち味の一つだ。

 棋王戦の挑決トーナメントは、ベスト4以上に独自の2敗失格システムを採用しており、本局に敗れた棋士は、敗者復活戦に回る。勝者組の優勝者と、敗者復活戦の優勝者は、変則の挑戦者決定二番勝負を行い、勝者組優勝者は1勝で、敗者復活戦優勝者は2連勝で挑戦権獲得となる。

 持ち時間は各4時間で、先手は広瀬竜王。

【昼食の注文】

広瀬章人竜王 豚生姜焼き 佐々木大地五段 注文なし

【昼食休憩時の残り持ち時間】

広瀬章人竜王 3時間30分(消費30分) 佐々木大地五段 2時間40分(消費1時間20分)

最終更新:2019/11/26(火) 12:50
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ