ここから本文です

【NPBアワード】MVP発表 パが捕手4人目首位打者の西武森、セは打率.312&40発の巨人坂本

11/26(火) 18:30配信

Full-Count

森は捕手でのMVPは史上7人目、坂本は遊撃手ではNPB史上2人の40本塁打

「NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD」が26日に開催され、今季最も活躍した選手に贈られる最優秀選手賞(MVP)には、パ・リーグは西武の森友哉捕手、セ・リーグは巨人の坂本勇人内野手が選出された。ともにチームのリーグ制覇に貢献し、初受賞となった。

【一覧】セパ両リーグ“圧勝”のMVP受賞に! 2019MVP得票数一覧

 森は打率.329で捕手史上4人目の首位打者を獲得。162安打、23本塁打、105打点はすべてキャリアハイとなった。オールスターでも2ランを放ち、2年連続のMVPを受賞していた。捕手でのMVPはセ・パ史上7人目の快挙となった。

 また、坂本は打率.312、40本塁打、94打点の成績でチームの5年ぶりのリーグ制覇に貢献。40本塁打は生え抜きの右打者では長嶋茂雄氏の39本を抜いて球団史上最多、遊撃手ではNPB史上2人目となった。5月1日の中日戦では令和第1号本塁打も記録した。

Full-Count編集部

最終更新:11/26(火) 19:07
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事