ここから本文です

泥酔疑惑の丸山穂高氏が徹底反論!国民民主党に公開質問状

11/27(水) 12:42配信

東スポWeb

 NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員が27日、皇室行事泥酔疑惑はぬれぎぬだとして、徹底抗戦に出た。

 疑惑は先月開かれた天皇陛下の即位を祝う「饗宴(きょうえん)の儀」の席でのこと。振るわられたシェリー酒などで酔った丸山氏が秋篠宮家の眞子さまに絡んだり、同僚議員に制止させられたというもの。

 既に丸山氏は疑惑を否定していたが、衆院議院運営委員会理事会で丸山氏の疑惑を取り上げたのが国民民主党の牧義夫衆院議員と判明したことで、この日、国民民主党側に公開質問状を提出した。

 質問状では「(牧氏の発言は)どのような証拠に基づく発言か。具体的にその場面を見たという議員・出席者の氏名と状況及び、特に制止したという出席議員の名前を挙げてもらいたい」「憶測や曖昧な情報源に基づき、議運理事会という公式の場において具体的名前を出したうえで名誉を毀損する発言を行ったのならば、問題ではないか。謝罪を求めるとともに、公党としての正式な処分を要請する」とした。

 回答期限は1週間後とし、誠意ある回答を得られなかった場合は法的措置も含めた次のステップに移るという。同時に政府側に対しても「饗宴の儀において、(丸山氏が)制止される場面があったかを把握しているか」との質問主意書も提出した。

 国民民主党は原口一博国対委員長が対応し、牧氏らへヒアリングなどを行う予定だ。

最終更新:11/28(木) 23:52
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事