ここから本文です

宇多田ヒカル、20歳当時の歌唱動画にタジタジ&そっ閉じ 天性の歌声には絶賛コメント殺到

11/27(水) 19:23配信

ねとらぼ

 歌手の宇多田ヒカルさんが11月27日にTwitterを更新。20歳当時に井上陽水さんの「少年時代」をカバーした動画がYouTubeチャンネルで公開されたことを受けて、「恥ずかし過ぎて途中でそっと閉じました」と照れ臭そうにコメントしています。とはいえ当時の歌声も最高だな……。

【画像】36歳を迎えた宇多田さん

 井上さんのデビュー50周年にリリースされる「井上陽水トリビュート」に「少年時代」のカバーで参加している宇多田さん。これを記念して宇多田さんのYouTubeチャンネルでは、20歳の誕生日である2003年1月19日に行われたイベント「20代はイケイケ!」から、まだ初々しさも残る宇多田さんが同曲を歌う動画が無料公開されました。

 当時はすでに日本を代表する若き歌姫としてヒット曲を連発していた時期で、その歌声の魅力は言わずもがな。それでも宇多田さんは、「恐るおそる観てみたけど恥ずかし過ぎて途中でそっと閉じました」と若かりし自分の姿に恥ずかしくてたまらなくなったようです。宇多田さんでも昔の自分は恥ずかしいんだ。

 ファンからは、「20歳の時の歌声もめちゃくちゃいいよ」「天才としか言いようがない!」「歌い出しで鳥肌立って魅了された!」「声を聞くだけで泣きそうになる」など色あせることのない天性の歌声に絶賛の声が多くあがった他、「恥ずかしがるHIKKIが可愛い」と宇多田さんの新鮮な反応を楽しむ人も少なくないようでした。

ねとらぼ

最終更新:11/27(水) 19:23
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事