ここから本文です

衆院選で農水副大臣に260万円 公共事業受注の業者、公選法抵触

11/27(水) 23:01配信

共同通信

 自民党の伊東良孝農林水産副大臣が代表を務める党北海道第7選挙区支部が、2017年10月の衆院選で、公示から投開票日までの間、国の公共工事を受注していた地元の建設会社6社から計260万円の寄付を受けていたことが27日、政治資金収支報告書や関係者への取材で分かった。

 公選法は国と契約を結ぶ当事者が国政選挙に関し献金するのを禁止している。

 事務所は「選挙に関しての寄付との認識はなく、国の公共工事を受注している会社からのという認識もなかった」としており、今後対応を検討するという。

最終更新:11/28(木) 5:56
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事