ここから本文です

【特集】走る!跳ぶ!登る!フランス発祥の「パルクール」とは? 世界クラス!注目集める2人の女子選手

11/27(水) 16:15配信

MBSニュース

「パルクール」というスポーツをご存じでしょうか。「パルクール」はフランスの軍隊のトレーニングが発祥のスポーツで、屋根と屋根の間を跳び越えたり、高い壁をよじ登ったりと、派手なパフォーマンスで人気を集めています。そのパルクールが今、障害物を利用して技を競い合う「スポーツ」として、2024年パリ・オリンピックの追加種目候補にもなっているのです。日本の競技人口は約5000人と言われていますが、今回、世界トップレベルの実力を持つ2人の女子選手を取材しました。

世界ランク1位!大阪市出身の泉ひかりさん「ジャッキー・チェンがすごく好き」

走る、跳ぶ、登る。フランスの軍隊のトレーニングから生まれた新時代のスポーツ、これが「パルクール」です。その第1回パルクール日本選手権が11月2日と3日に淡路島で開催されました。大勢の男子選手が活躍する中、ひときわ注目を集めていたのが、女子の部に出場した泉ひかりさん(24)です。

泉さんは2019年、中国で行われたワールドカップで見事優勝。現在、世界ランク1位というパルクール女子なんです。大阪市出身の泉さん。テレビでパルクールを見たのをきっかけに、高校2年生のころからトレーニングを始めました。

「ジャッキー・チェンがすごく好きで、スタントマンになりたかったんです。子どもの時に公園で鬼ごっことかをして、高い所に登ったり鬼から逃げるのに柵を跳び越えたりとか、あの動きみたいだなと思って、すごく楽しそうで。」(泉ひかりさん)

パルクールを始めたころはよく街にある公園で練習していたといいます。

幅3m飛ぶ『跳躍力』 「基礎的な練習を積み重ねることが大技につながる」

なんといってもパルクールに必要なのは障害物を乗り越える「跳躍力」です。泉さんにかかれば3mほどの幅は簡単にクリア。他にもバーの上に立つバランス力などパルクールの基本となる地道な練習を何度も繰り返してきました。基礎的な練習を積み重ねることが大技につながると話します。

「目の前に障害物が『あるな、あるな』って、動きを組み合わせて、組み合わせて練習してます。結局、これの延長線上が映画やコマーシャルで演出される、“ビルからビルに跳び移る”というのは、これの応用なんですよね。」(泉ひかりさん)

1/3ページ

最終更新:11/27(水) 16:29
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事