ここから本文です

エアライン・オブ・ザ・イヤー2020、トップはニュージーランド航空、ANAは3位、JALは13位 -AirlineRatings.com

11/27(水) 13:01配信

トラベルボイス

航空会社の安全運航やプロダクトの格付けを行っているAirlineRatings.comは、2020年の「エアライン・エクセレント・アワーズ」を発表した。※写真左より、AirlineRatings.comスティーブ・クリーディ氏、 ニュージーランド航空会長デーム・テレーズ・ウォルシュ氏、 最高経営責任者代行ジェフ・マクドゥエル氏。

この賞は、乗客のレビュー、機内設備、安全性、保有機材の機齢、収益性、環境などのカテゴリーで評価されるもの。最高賞となる「エアライン・オブ・ザ・イヤー2020」はニュージーランド航空が受賞した。今回で6度目の受賞となる。また、ANAは3位、JALは13位。前年1位だったシンガポール航空は2位となった。

トップ20航空会社は以下の通り。

1.ニュージーランド航空
2.シンガポール航空
3.ANA
4.カンタス航空
5.キャセイパシフィック航空
6.エミレーツ航空
7.ヴァージン・アトランティック航空
8.エバー航空
9.カタール航空
10.ヴァージン・オーストラリア航空
11.ルフトハンザ・ドイツ航空
12.フィンエアー
13.JAL
14.KLMオランダ航空
15.大韓航空
16.ハワイアン航空
17.ブリティッシュ・エアウェイズ
18.アラスカ航空
19.デルタ航空
20.エティハド航空

各カテゴリーの受賞航空会社は以下の通り。
・ベスト・ファーストクラス: シンガポール航空
・ベスト・ビジネスクラス: カタール航空
・ベスト・プレミアム・エコノミー: ニュージーランド航空
・ベスト・エコノミークラス: ヴァージン・オーストラリア航空
・ベストLCC (アジア太平洋): エアアジア
・ベストLCC(ヨーロッパ): Wizz
・ベストLCC(アメリカ): ジェットブルー
・ベストLCC(アフリカ): エア・アラビア
・長距離路線(アメリカ): デルタ航空
・長距離路線(中東/アフリカ): エミレーツ
・長距離路線(アジア): キャセイパシフィック航空
・長距離路線(ヨーロッパ): ルフトハンザ・ドイツ航空
・機内食: カタール航空
・機内エンターテイメント: エミレーツ
・乗務員: ヴァージン・オーストラリア航空

トラベルボイス編集部

最終更新:11/27(水) 13:01
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい