ここから本文です

「踏み倒したら暴力団がさらってぼこぼこにして監禁する」 賭博で1日3235万円負けた大学生から脅し取ろうとした疑い 71歳の男を逮捕 岡山・倉敷市

11/27(水) 16:12配信

KSB瀬戸内海放送

 大学生は1日で3235万円負けていました。ポーカー賭博で負けた大学生から多額の金を脅し取ろうとした男が27日、逮捕されました。

 恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは倉敷市松島に住む韓国籍の無職、大浦勝次郎容疑者(71)です。大浦容疑者は今年5月に倉敷市の大学生(25)やその知人ら合わせて4人でポーカー賭博をしました。

 そして負けた大学生に対して「踏み倒したら暴力団がさらってぼこぼこにして監禁する」などと言い3235万円を脅し取ろうとした疑いです。

 大学生が被害届を出したことで発覚したもので、警察の調べに対し大浦容疑者は容疑を認めています。

 大浦容疑者は倉敷市松島のマンションの一室で賭博場を開いていて、掛け金は1000万円単位にまで上っていたとみられています。

 警察は押収した資料をもとに賭博開帳図利にあたるか調べるとともに、大学生(25)をポーカー賭博に誘った知人が共犯である可能性もあるとみて捜査を進めています。

最終更新:11/27(水) 17:49
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事