ここから本文です

中日で“親子鷹”戦力外の近藤弘基が引退表明「別の仕事でしっかり」16年には父の前で猛打賞

2019/11/27(水) 21:37配信

中日スポーツ

 中日を戦力外となった近藤弘基外野手(26)が現役引退を表明した。今月の12球団合同トライアウトに参加したが、NPB球団からのオファーがなかったこともあって、ユニホームを脱ぐことを決意したようだ。この日は愛知県内で行われた選手会ゴルフなどに出席。今後について詳細は語らなかったが、「これまでと別の仕事にはなりますが、しっかりやっていきたいです」と語った。

【写真】プロ初安打で父の近藤真市コーチとグータッチする近藤弘基

2015年に育成4位で入団。翌16年7月に支配下登録され、初出場した同年8月2日の巨人戦では猛打賞と活躍し、父で当時投手コーチだった近藤真市・現スカウトを喜ばせていた。

最終更新:2019/11/27(水) 22:16
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事