ここから本文です

「え⁈そんなところまで…」長年同居している姑が執拗にチェックする3つのこと

2019/11/27(水) 20:40配信

LIMO

執拗チェックその3:人の勤め先や職業の念入りチェック

人の勤め先や職業で判断するタイプの人がいますが、姑はまさに典型です。なので、姑のお友達の息子さん・お嫁さんの勤め先・職業で聞こえのいいものをとても有難がります。常に誰かと比較していない時が済まないのです。自分の息子や娘、嫁や婿、さらには孫を引き合いに出して、おばあちゃん同士もマウンティングしていると感じるときもあります。(笑)

姑が知っている仕事は、とても限られたものと日々感じています。テレビや雑誌や噂話が情報源で今どきの仕事事情は知りません。いわゆる情報弱者でむしろ可哀そうだなと思えるようになりました。

まとめ:「こんな風に思っているんだろうな」と思い込まない

「執拗にチェックされている」というのは、ある意味こちらの憶測です。自分に非があると思うと、どうしても卑屈な発想になってしまいがちです。例えば台所を片づけてくれているんだったら「有難い」と思い、その事象はあるがまま受け入れあまり考えないのが吉です。

以前流行った「考えない習慣」という本(お坊さんである小池龍之介さんが書かれています)にもありましたが、余計なことを考えないことは自分のストレスを減らすコツです。相手の言動や行動に惑わされず、自分のやるべきことに没頭する…料理なら料理、子供との会話なら子供との会話、仕事なら仕事に集中すると、結構ストレス解消になります。そんなことが気分良く日々を過ごせるコツなのかもしれません。

堀田 馨

2/2ページ

最終更新:2019/11/27(水) 20:40
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ