ここから本文です

ねほりんぱほりん「元薬物中毒者」回の衝撃 「クスリ、まだやりたいですか?」への答えは

11/27(水) 23:19配信

ねとらぼ

 田代まさしさんや沢尻エリカさんなど、芸能人の不祥事が相次いでいる薬物問題。 11月27日に予定を変更して“緊急再放送”された『ねほりんぱほりん』(NHK)は、過去に覚せい剤を常用していた「元薬物中毒者」がその恐ろしさを語る、という内容で、そのあまりに赤裸々な内容にネット上が震撼しました。

【画像】「クスリ、まだやりたいですか?」へのエリさんの答え

 番組で明かされた衝撃の内容を、視聴者の感想とともに振り返ってみましょう。

●「2~3日したらやめればいい」で地獄に

 この日のゲストはエリさん(仮名)29歳。13歳の頃、先輩に「アメリカのタバコだよ」とだまされてマリファナを吸ってしまったことがきっかけで、薬物の道に足を踏み入れてしまったと言います。視聴者からは「13歳でタバコでも普通にやばいのでは」というもっともな意見が。

 当時の気持ちの根底にあったのは、「断ったら仲間から外される」という圧力と、厳しかった両親への反抗心。マリファナを吸った後は周囲にばれないように「歯磨き粉をチューブ半分くらい一気に吸う」「牛乳をがぶ飲みする」などして“証拠隠滅”を図っていたとのこと。

 さらに20歳の頃、やはり友達から軽いノリで勧められたという覚せい剤を使用し、薬物中毒への道を転げ落ちていきました。友達から掛けられた言葉は「簡単に痩せるよ」。2~3日でやめればいい、何もしなくても4~5キロは落ちる、という誘い文句につられて手を出した覚せい剤ですが、「その2~3日した頃にはハマっちゃってる」というエリさんの言葉が刺さります。

●「車が道路を走っている」のを見て大爆笑

 番組ではエリさん以外にも複数の元薬物中毒者にインタビューしており、薬に手を出したさまざまな理由が語られました。ある人は仕事上のストレスから、またある人は中学校で薬物の危険性を訴えるビデオを見て、逆に好奇心から手を出してしまったと言います。

 「薬物を使うとどんな感じになるの?」という質問には、「見る物が何でも面白く思えて、車が道路を走っているのを見て大爆笑していた」「テレビのアンテナの接続部分が可笑しくて、三日三晩いじくり回していた」などの答えが。音感や味覚などの五感が研ぎ澄まされたという人は、「音楽が一音ずつはっきりと分かれて聞こえた」「宅配ピザを延々と食べ続けて止まらなくなった」などの変化が表れたそうです。かわいい人形が吐くハードすぎるコメントに、視聴者からも「これだからNHK侮れない」などの感想が。

1/2ページ

最終更新:11/27(水) 23:19
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事