ここから本文です

田中美保 7月出産ベビーが10キロに!急成長にうれしい悲鳴「腰が砕けそう」

11/28(木) 15:59配信

スポニチアネックス

 女優でモデルの田中美保(36)が28日、都内で行われた「第12回ペアレンティングアワード」授賞式に出席。今年7月に誕生した第1子の成長について語った。

 同授賞式では、その年の育児業界に影響を与えた著名人を表彰。田中は夫でサッカーの元日本代表・稲本潤一(40)と「カップル部門」での受賞となった。田中は稲本と2012年に結婚し、今年7月に自身のインスタグラムで、第1子の出産を報告していた。

 この日、J3相模原に所属する稲本は練習のため欠席。それでも田中が「夫婦ともども、この賞をいただけてうれしく思う」と笑顔で語り、稲本もビデオメッセージを寄せて喜びの声を伝えた。

 同授賞式では便利な育児グッズについてもトークを展開。田中は「ベビーカーはいらないなと思っていたけど、一番使っている」と告白した。理由については「うちの子どもがめっちゃ大きくて、10キロくらいある。抱っこひもだと腰が砕けそうで…」と明かした田中。出生時が3600グラムだったという子どもの約4カ月での急成長にうれしい悲鳴を上げていた。

 また、今後について田中は「この賞に恥じないよう、仕事に、育児、プライベートに頑張っていきたい」と意気込んでいた。

 この日の授賞式では田中のほか、「パパ部門」で選出となったお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(39)と“よしお兄さん”こと、小林よしひさ(37)の2人、「ママ部門」で受賞したフリーアナウンサーの青木裕子(36)らが出席した。

最終更新:11/28(木) 15:59
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事