ここから本文です

味の素が希望退職 構造改革でポスト減少

11/28(木) 20:29配信

産経新聞

 味の素は28日、50歳以上の管理職以上を対象に、来年1月から希望退職を募ると発表した。募集人数に上限はないが100人程度を見込んでいる。同社は早期退職優遇制度を持っているが、同制度を活用して希望退職を募るのは初めて。

 味の素は現在、来年度開始の次期中期経営計画を策定中で、事業再編を含む構造改革に着手している。社内で基幹職と呼ぶ管理職のポストは再編後に減少が予想されることから、対象者を退職時年齢50歳以上の基幹職に限ったという。

 同社の社員数(3月末現在)は約3500人で、基幹職社員は約800人。募集期間は来年1月6日~3月13日を予定し、6月末の退職となる。通常の退職金に特別加算金を上乗せするほか、再就職支援も実施する。特別加算金などの希望退職費用は令和2年3月期決算に計上する予定。

最終更新:11/28(木) 20:29
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事