ここから本文です

松屋、オリジナルカレーの販売終了を発表⇒代わりに「創業ビーフカレー」をレギュラー化

11/28(木) 10:26配信

ハフポスト日本版

松屋フーズホールディングスが展開する牛丼チェーン「松屋」が、人気メニューの「オリジナルカレー」の販売を終了し、代わりにこれまで期間限定で販売していた新メニュー「創業ビーフカレー」を定番化すると発表した。

「オリジナルカレー終了」松屋のツイート

松屋のオリジナルカレーは、看板メニューの「牛めし」と並んで人気が高い商品だ。松屋は11月27日夜、公式Twitterアカウントでオリジナルカレーの販売を12月1日から順次終売すると突如発表。

「大切ならお知らせ 大事件」「まもなく本当に無くなります」などとツイートしており、驚きの声が上がっていた。

Twitterでは、28日朝に「#松屋カレーショック」がトレンド入りするほどだったが、同日10時に松屋がTwitterを更新。

オリジナルカレーは販売を終了するが、これまで期間限定で販売していた「創業ビーフカレー」を12月3日からレギュラーメニュー化すると発表した。値段は並盛りで490円(税込)。「創業当時の味を再現して作られた松屋の本気カレー」という。

ハフポスト日本版編集部

最終更新:11/28(木) 11:05
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事