ここから本文です

ブルージェイズが狙うトレード候補はマエケンか カナダのメディア報じる

2019/11/28(木) 14:43配信

中日スポーツ

 放送局TSNカナダ(電子版)は27日、地元のブルージェイズが今オフのトレード獲得候補に挙げ得る10選手を特集。その中に、ドジャースの前田健太投手(31)が選ばれた。

 「ドジャースが先発ローテを疲弊させないためにメンバーをシャッフルする作戦を採る中、役割にフラストレーションを感じている前田が今オフに動く可能性がある。現時点ではビューラー、カーショーに次ぐ先発3番手だから、トレードが可能になる前にドジャースが先発投手を獲得することが条件になる」

 さらに、同局は現在の前田のベース年俸300万ドル(約3億2700万円)が「バーゲンだ。明らかに価値がある戦力だということを実績で示してきた」と、獲得する場合の大きなメリットを報じた。

 今季の前田は8年契約の4年目を終え、直近3年間はシーズン終盤かポストシーズンに入ると先発から外され、リリーフを任されている。年間最高1015万ドル(約11億600万円)の出来高の大半は先発で達成できるよう設定されている背景もあり、前田本人は先発専任を求めているが、フリードマン編成本部長は「結果を出せば、周囲も先発だと納得する」と、にべもない姿勢だ。

最終更新:2019/11/28(木) 14:43
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ