ここから本文です

「中国人採用しない」東大特任准教授のツイート、東大が声明「許容できない」「まだ削除されない」

2019/11/28(木) 10:50配信

弁護士ドットコム

東京大学大学院情報学環・学際情報学府の大澤昇平特任准教授のツイートをめぐり、東京大学は11月28日、サイト上に「学環・学府特任准教授の不適切な書き込みに関する学生へのメッセージ」を掲載した。

【弁護士はどう見る?】東大特任准教授「中国人は採用しない」ツイート問題

大澤特任准教授は11月20日、自身のTwitterで「(自社では)中国人は採用しません」「そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします」などと投稿。これを受け、大学は11月24日、「不適切な書き込みに関する見解」を掲載していた。

今回のメッセージで、情報学環長・学際情報学府長の越塚登氏は「それは私の大切な学際情報学府の学生たちの気持ちに寄り添い、学環・学府長として私自らが断固として差別と闘うことを表明するメッセージとはなっていませんでした」として、学生に向けた内容となっている。

また「問題発覚後、書込みの削除を含む注意指導を繰り返しおこなっていますが、まだ削除されておりません」「今後も継続して、この問題への対応などに関する情報を発表していきます」としている。

全文は以下の通り。サイト< http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/news/2019112811043 >で確認できる。

●【以下、全文】

学際情報学府の学生の皆さん

SNS上において、情報学環の大澤昇平特任准教授による不適切な書き込みがありました。これには特定の国籍または民族による差別が含まれており、学環学府として到底許容できるものではありません。これらの書き込みは、学環学府や東京大学の信用と構成員のみなさんの心を傷つけたものと思います。学環学府の責任者として、深くお詫び申し上げます。東京大学は学問の府として、東京大学憲章に基づく倫理を守り、いかなる種類の差別も認めない方針で教育・研究活動をおこなってきました。それにも関わらずこうした事態となったことを本当に残念に思います。問題発覚後、書込みの削除を含む注意指導を繰り返しおこなっていますが、まだ削除されておりません。今後もみなさんが安心して勉学に取り組めるよう、適切かつ厳正な対応をできるだけ早くとってまいります。

情報学環長・学際情報学府長 越塚登

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:2019/11/28(木) 10:53
弁護士ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ