ここから本文です

事前予約だけで738万人…リネージュ2M発売初日から大ヒットの兆し

2019/11/28(木) 8:55配信

ハンギョレ新聞

オンラインゲーム「リネージュ2」、MMORPGにリメイク 事前予約者738万人…リネージュMの520万より多い 発売9時間でアプリストア売り上げ順位1位になる 1日の売り上げが100億ウォン突破…リネージュMを追い抜くか注目

 兄(リネージュM)よりいい弟(リネージュ2M)が出た?

 今年最高の期待作に数えられるNCソフトの多重接続役割遂行ゲーム(MMORPG)「リネージュ2M」が27日午前0時に発売され、モバイルゲームの記録を何層も塗り替えている。すでに1日の売り上げでも兄の間柄であるリネージュMを追い抜いた可能性が高いとの分析が出ている。

 NCソフトは、リネージュ2Mの発売後9時間でアップルアプリストアでの売り上げ順位が1位になったと、この日明らかにした。グーグルプレイストアでの売り上げ順位は2日後に公開される。ゲーム売り上げの70%程度はプレイリストで発生する。これまで二大アプリマーケットでは、2017年6月発表されたリネージュMが発売初日から売り上げ順位1位の座を堅固に守ってきた。

 リネージュMとリネージュ2Mは、それぞれオンラインゲーム「リネージュ」と「リネージュ2」をMMORPGにリメイクしたものである。リネージュMが、リネージュをモバイルゲームとしてよく具現することに焦点を合わせたのなら、リネージュ2Mは、リネージュ2ブランドとキャラクターにモバイル技術を集大成したのが特徴である。NCソフトは、「スマートフォンでリネージュ2Mを利用する場合のグラフィック画質と接続環境は、すべてコンピュータでリネージュ2を利用する場合以上の水準」して「事前予約者が738万人と以前の記録であるリネージュMの520万人を大きく上回るほど、発売前から期待値が高かった」と説明した。

 ゲームアナリストの分析によると、リネージュ2Mも1日の売り上げが100億ウォン以上のゲームに数えられる。リネージュMは、発売初日の売り上げが107億ウォン、接続者数が210万人を記録した。1998年10月1日に発売されたリネージュの累積売り上げは3兆6千億ウォン(約3400億円)である。2003年10月1日に発売されたリネージュ2の累積売り上げは1兆8千億ウォン(約1700億円)である。さらにリネージュとリネージュ2の両方とも、今でも売り上げ孝行息子の役目を果たしている。リネージュシリーズのモバイルゲームの累積売り上げは、「青は藍より出でて藍よりも青し」と表現されるほどより早く増加しており、リネージュMの累積売り上げは、2年余りですでに2兆ウォン(約1900億円)を超えたと集計されている。NCソフト関係者は、「初日のリネージュ2Mの利用者接続サーバー数と利用者の混雑などを見ると、初日売り上げと接続者数の両方がリネージュMを上回るようである」と語った。

 キム・テクジンNCソフト代表は9月にリネージュ2M発表会に参加して、「本当に心血を注いで作った。今後数年の内に、少なくとも技術的にはこれ(リネージュ2M)について来られるモバイルゲームはないとの自信を持っている」と話した。

キム・ジェソプ先任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:2019/11/28(木) 8:55
ハンギョレ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事