ここから本文です

日産「エクストレイル」の弟分! 新型「ローグスポーツ」とはどんなクルマ?

11/28(木) 16:10配信

くるまのニュース

北米で人気のSUV「ローグスポーツ」ってどんなクルマ?

 日産には、国内未導入のSUVモデルがいくつか存在します。そのなかで、日産「エクストレイル」の弟分的な存在「ローグスポーツ」が2020年モデルへとモデルチェンジされ、新たな販売価格が2019年11月26日に発表されました。

日産「デュアリス」の進化系? 新型「ローグスポーツ」を画像で見る!

 日本にラインナップされていないローグスポーツとは、どのようなクルマなのでしょうか。

 ローグスポーツは、米国市場における日産のSUVラインナップのひとつで、欧州では「キャシュカイ」という車名で販売されており、2017年に米国市場に導入され、かつて日本でも「デュアリス」として販売されていました。

 エクストレイルの兄弟車となる「ローグ」(北米市場などで販売)の派生モデルとなり、ローグスポーツはローグよりもボディサイズがひと回り小さく、南米などを中心に販売されるコンパクトSUV「キックス」との間に位置しています。

 現在、北米市場での日産SUVラインナップは、キックス、ローグスポーツ、ローグ、「ムラーノ」、「パスファインダー」、「アルマーダ」と多くのモデルを持っています。

 そのなかでも、ローグスポーツは売れ筋のSUVで、シカゴモーターショー2019では2020年モデルがお披露目されました。
 
 2020年モデルでは、外装デザインを刷新しています。日産のキーデザインとなる「Vモーション」を強調した新しいグリルによって、ひとつ上のクラスのローグ(エクストレイル)に寄せたフロントデザインに変更、さらにLEDデイタイムランニングライトも採用されています。

 フロントデザイン同様にリア周りにも手を加えているほか、新しいデザインの19インチアルミホイールと、ふたつのボディカラーが加わりました。

 安全面では、先進運転支援システム(ADAS)の「日産セーフティシールド360」を採用。この機能は、歩行者検出機能付きの自動緊急ブレーキ、後退時ブレーキ、車線逸脱警告、ブラインドスポットアラート、リアクロストラフィックアラート、ハイビームアシストが含まれます。一部グレードには、「プロパイロット」が装備されます。

 さらに、後部ドアのスイッチをモニターして走行前後のドアの開閉状態を検知する「リアドアアラートシステム」を標準装備。後席にいる子どもの置き忘れなどを予防する装置です。

 ローグスポーツのパワートレインは、2リッター直列4気筒ガソリンエンジン、CVTのみの設定となります。

 2020年モデルの現地価格は、2万3240ドル(約253万6053円)から2万9800ドル(約325万2118円)です。

くるまのニュース編集部

最終更新:11/28(木) 20:28
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事