ここから本文です

PayPayアプリからタクシーの配車が可能に、新機能「ミニアプリ」登場

2019/11/29(金) 8:00配信

MONEYzine

 PayPayが提供を開始した「ミニアプリ」は、加盟店が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどがPayPayアプリ内で利用できる機能。これによって、PayPayユーザーは各加盟店が個別に提供するアプリのダウンロードや、会員登録、支払方法登録などが不要になる。利用にあたっては、PayPayアプリの2.6バージョン以上が必要となる。

 一方、ミニアプリを通してサービスを提供する加盟店にとっては、2,000万人のPayPayユーザーに対して、自社サービスを利用するきっかけを提供することが可能になる。

 ミニアプリの第一弾として、2019年11月28日から、タクシー配車サービスDiDiと提携し、PayPayアプリ上でタクシーの配車から決済まで完結するサービスを提供。PayPayアプリの「タクシー配車」をタップし、サービス利用の同意後に行き先などを入力すると、タクシーが配車される。DiDiは同日から、乗車料金の最大20%を割引するキャンペーンを実施する。

 PayPayによると、ミニアプリは、PayPayを通してさまざまなサービスを提供し、より生活を便利で豊かにする“スーパーアプリ”へ向けての取り組みの一環と位置付けられ、今後も広く加盟店との連携を行う。

最終更新:2019/11/29(金) 8:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ