ここから本文です

<HIKAKIN>「アナと雪の女王2」メイン曲 はじめしゃちょーら人気Youtuber16組で熱唱

11/29(金) 12:46配信

MANTANWEB

 HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんら人気YouTuber16組が、22日に公開されたディズニーの劇場版アニメ「アナと雪の女王2」のメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」に挑戦した「YouTuber.ver」のMVがHIKAKINさんYouTubeチャンネル「Hikakin TV」で公開されている。

【写真特集】はじめしゃちょーら人気Youtuberが熱唱

 「イントゥ・ジ・アンノウン」は前作で大ヒットした「レット・イット・ゴー~ありのままで」と同じロバート・ロペスさんとクリステン・アンダーソン・ロペスさんの作詞作曲。前作で“ありのまま”の自分を受け入れたエルサが、彼女にだけ聴こえる“不思議な歌声”をきっかけに、再び自身の“力”と向き合い、迷いを感じながらもまだ見ぬ“未知なる世界へ”と踏み出そうとする思いを歌う曲で、エルサが自身の力の謎を解き明かそうとするきっかけとなる重要な場面で歌われる。日本語版では エルサ役の松たか子さんが劇中で歌い、エンディングは19歳の新人アーティストの中元みずきさんが担当している。

 「YouTuber.ver」はHIKAKINさんら所属する「UUUM」の人気クリエーター16組が参加。作品をイメージして、凍りついたような装飾のマイクを中心に、雪のような白をベースにしてドレスアップしたクリエーターたちが集結している。クリエーターたちの過去の道のりを連想させる映像を交えながら、「イントゥ・ジ・アンノウン」(未知の旅へ、踏み出そう)の世界観を表現したという。HIKAKINさんはチャンネルのコメントで「当時YouTubeという未知の世界へ踏み出したからこそ、今の僕らがある。みんなも未知の旅へ、踏み出そう」と記している。

 「アナと雪の女王」は、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹・アナとエルサを主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描いたファンタジー。日本では2014年3月に公開され、国内での興行収入は約255億円の大ヒットを記録した。続編となる「アナと雪の女王2」は前作から3年後が舞台。エルサが持つ不思議な力の謎に迫る。11月22日に公開され、24日までの3日間の累計は、動員で145万人、興行収入で19億円を突破し、前作を大きく上回るスタートを切っている。

 ◇参加クリエーターは以下の通り(敬称略)。

 HIKAKIN/SEIKIN/はじめしゃちょー/Kazu/PDS/アバンティーズ/おるたなchannel/水溜りボンド/みのミュージック/ゆきりぬ/北の打ち師達/はなお/プリッとちゃんねる/きょんくま/JENNI/エミリンチャンネル

最終更新:11/29(金) 15:20
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事