ここから本文です

巨大地震 注水機能喪失を想定 浜岡原発で訓練

11/29(金) 18:40配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

巨大地震や機器の故障に備えようと、静岡県御前崎市の浜岡原発で訓練が行われました。

訓練は震度7の地震に襲われた上、機器の故障も重なり、原子炉を冷やす注水機能が失われたという想定で行われました。

中央制御室を再現した「シミュレーター室」では、炉心の損傷を防ぐため非常用設備で、原子炉を冷やす手順を確認します。

緊急時対策所では、情報を集め戦略を考えていきました。

中部電力浜岡地域事務所・小高敏浩専門部長 「関係者間でしっかりと情報を共有する。対応については連携をしてやっていくことが大事だと考えている」

中部電力は「さまざまなシナリオに対応できるよう、習熟度を高めていきたい」と話していました。

テレビ静岡

最終更新:11/29(金) 18:40
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事