ここから本文です

【チャンピオンズC】クリソベリル 体重増加でもシャープな印象/細江純子コラム

11/29(金) 19:00配信

netkeiba.com

 まずレイデオロですが、パドックではこの2戦とは違う状態に思えイチオシ馬に挙げましたが、返し馬で掛かる姿を見て厳しさを感じ不安に…。

 そしてレースでは、ユルイ馬場がダメなのか?もしくは精神的にこういった状況がダメなのか?全く走らない形に。

 下のレイエンダもそうですが、この一族は、一筋縄ではいかない難しさがあるように改めて感じました。表現が正しいかどうかは分かりませんが、条件や状況が整わなければならないような。

 一方のスワーヴリチャードですが、こちらはこのコラムでも書きましたが体は抜群の仕上がり。その一方でチークがどうでるのか?特にゲートの課題があるだけに心配をしましたが、ほぼ五分のスタートが切れ、最後は頭の高さと舌を出しながら走るスワーヴを、全身を使って追うマーフィー騎手の姿が実に印象的でした。本当にコース取りも含め、さすがの騎乗でした。

 さて今週末は中京競馬場でチャンピオンズCとなります。

 栗東馬、どの馬も個々に調子の良さが目立ちました。それだけにどの馬を挙げようか?馬券に絡めようか?迷ってしまうほど。

 まず無敗で挑むクリソベリルですが、これまではユルサの目立つ大型馬でしたが、今回はまるで別馬。担当の濱田助手も、「ユルサがとれたのか、乗っていて弾むようなフットワークになっている。本当に良いよ。これまでとは違う」と楽しみしかない様子。

 しかも体を見ると、メリハリあるボディーとなりシャープな印象に。しかしそれでいて何と体重は20kg増。これまでのレースを見ると、少し勝負所でモタモタとしそうなイメージで、このメンバーに入ってはその点が心配でしたが、今回の体であれば反応もできそうな雰囲気すら感じます。

 また対するオメガパフュームも、華奢な体付きが消え完成の域になりつつある印象ですし、インティも「過去最高のデキ」と野中師。そしてゴールドドリームも久々にピリッとしたケハイなのです。枠も考慮し、ギリギリまで悩み考えます。

 それでは皆さん、週末は競馬場でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

 (文:細江純子)

最終更新:11/29(金) 19:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事