ここから本文です

台風19号で浸水した北陸新幹線E7系をすべて廃車…その損失額は約418億円に

11/29(金) 17:30配信

レスポンス

JR東日本は11月29日、台風19号の被災による損失額を明らかにした。

それによると、被災した10月の運輸収入は約120億円減に、11月以降は輸送力が改善されたものの、約40億円減になる見込みだという。また、浸水被害を受けた長野新幹線車両センター(長野県長野市)を除く鉄道施設の復旧費用に約170億円を見込んでいるという。

[関連写真]

長野新幹線車両センターの復旧に際しては、施設を保有する独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)と復旧方針や浸水対策について協議する必要があることから、現時点で具体的な復旧額は算出されていない。

なお、同センターに滞留して浸水したE7系新幹線車両(12両編成8本)はすべて廃車されることになったが、その損失額は代替車の新造費用を含み約418億円とされており、大部分は特別損失として計上される見込みだという。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:11/29(金) 17:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事