ここから本文です

阪神・西 来季はGG賞ジャック「みんな心掛ければできること」

2019/11/29(金) 9:00配信

デイリースポーツ

 「第48回三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式が28日、東京都内のホテルで行われた。阪神からはプロ11年目で初受賞の西勇輝投手(29)、2年連続2度目の梅野隆太郎捕手(28)が出席。西はフィールディング練習の先導役に名乗りを上げ、猛虎戦士がジャックするであろう1年後の同表彰式を思い描いた。梅野は盗塁阻止率向上を来季の目標に掲げ、セの捕手ではヤクルト・古田以来となる3年連続受賞を目指す。

 西は金色に光り輝くグラブを手に持ち、相棒の梅野と登壇した。プロ11年間の日々を一つ一つ思い返し、感慨に浸る。「一番欲しかった賞。大事にしてきたつもりだったし、やっと取れて良かった」。少し心が落ち着くと、仲間たちの姿が頭に浮かんできた。

 「失策数が(今季12球団)ワーストというのは記録上出ているけど、(守備力を)向上させて、(来年は)壇上を阪神で固められるようにすればいいんじゃないかなと思う」

 00年以来となる3桁失策(102)から来季は阪神の選手がゴールデングラブ賞をジャック-。西は「みんな心掛ければできることだと思うし、一人一人の意識が大事だと思う」と熱烈に呼びかけ、自身のフィールディングを「キャンプとかで見てくれたら」と投手陣の先導役になるつもりだ。

 オリックスに入団して間もない頃は当時の同僚で現日本ハム・金子の守備を観察し、技術を盗んだという。「三塁へ送球する時の軸回転がきれいで。ぶれがない分、送球がベースの角に投げられるんじゃないかなと思う」。目で追い、学んだことが今に生きている。

 FA移籍1年目の今季は26試合に登板して10勝8敗、防御率2・92。さらに無失策と抜群の守備力で相手の攻撃を寸断した。阪神の投手では史上初のゴールデングラブ賞獲得。捕手部門の梅野と同時受賞に「2人同時に取れたのも大きい」と語った西だが、苦い記憶は消えない。

 10月13日、巨人とのCSファイナルS第4戦。同点の六回2死三塁で、丸が三塁線に転がしたバントを一塁へ悪送球し、決勝点を奪われて敗退した。「一つ一つのプレーを大事にしてやっていきたい」。雪辱を期すプロ12年目の来季。自らの背中で仲間たちを鼓舞し、歓喜を分かち合う。

最終更新:2019/11/29(金) 9:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ