ここから本文です

18歳以下の全女児に生理用ナプキン支給 ソウル市議会委で可決

11/29(金) 20:52配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市議会の行政自治委員会は29日、満11~18歳の全ての女児に生理用ナプキンを支給する内容の条例改正案を可決した。現行の同市の子ども・青少年人権条例では衛生用品の支援対象が「貧困の子ども・青少年」に制限されているが、「貧困」の文言を削除する。

 ソウル市の満11~18歳の女児は昨年末時点で約32万5000人。生理用ナプキンの支給には年間約410億ウォン(約38億円)の予算が必要と試算している。

 条例改正案は来月20日の本会議で採決する予定。

 改正案を発議した権秀静(クォン・スジョン)市議は「当然保護されるべき月経権を公論化する第一歩となる」と話している。

最終更新:11/29(金) 20:52
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事