ここから本文です

中曽根元首相が死去 在任戦後5位、改憲持論

2019/11/29(金) 12:47配信

共同通信

 安倍、佐藤、吉田、小泉各内閣に次ぐ戦後第5位の長期政権を担い「戦後政治の総決算」を掲げて国鉄(現JR各社)の分割・民営化を実現した元首相の中曽根康弘(なかそね・やすひろ)氏が死去したことが29日、分かった。101歳。群馬県出身。関係者によると、29日午前7時すぎ、東京都内の病院で亡くなった。

【動画】お聖さん、安らかに 寂聴さん「気許した親友」

 東京帝国大(現東大)法学部卒。内務省入り後に海軍主計将校となり、終戦を迎える。1947年に衆院旧群馬3区で初当選し、当選20回。82年11月、第71代首相に就任した。戦後第5位の長期政権だった。自主憲法制定を唱え、2003年の議員引退後も憲法改正を主張した。

最終更新:2019/11/29(金) 22:54
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事