ここから本文です

サヨナラ賞 年間大賞にロッテ・鈴木&阪神・高山!ゲスト・高橋由伸とのトークも

2019/11/29(金) 20:30配信

HOMINIS(ホミニス)

「2019 スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞 表彰式」が、11月29日に東京ドームホテルで行われ、同賞を受賞した千葉ロッテマリーンズ・鈴木大地選手と阪神タイガース・高山俊選手(※「高」は正しくは「はしご高」)が登壇。

【写真を見る】千葉ロッテマリーンズ・鈴木大地

同賞はレギュラーシーズンを通じて最も劇的なサヨナラ本塁打、またはサヨナラ安打などを放った選手に贈られるもので、受賞両選手にはそれぞれオリジナルトロフィーと賞金200万円が贈呈された。

表彰式で、一般社団法人日本野球機構 会長 日本プロフェッショナル野球組織 斉藤惇コミッショナーからトロフィーを受け取った鈴木選手は「あの試合は7回と9回の先頭バッターとしてホームランを打ち、まだ点差がありました。しかし、不思議と『もう1回(打席が)回ってくるんじゃないか』とベンチで見ていたことを覚えています。そして、チームメート全員でつないで、2アウト満塁で回って来ました。カウントもツースリー。打った打球もバットが折れてボテボテでしたが、『抜けてくれ!』という思いで一塁まで駆け抜けました。そのせいで、駆け抜けた瞬間、あまりパッとしなくて自分は一瞬遅れてから喜んだのですが...(苦笑)。今までの人生の中でもとても印象に残るゲームでしたし、これからも一生忘れることのない自分の中でのベストゲームでした。来年以降このようなサヨナラを打てるか分かりませんが、野球を観てくださる方々、そして野球を知らない方々にも感動を与えられるようなプレーができるように頑張っていきたいと思います」と心境を語った。

一方、高山選手は「あの試合は4時間半という長い試合でしたが、どんな時でも最後まで応援してくれる阪神ファンの方の気持ちがボールに乗り移ったのかなというような思いでいっぱいです。代打だったので、裏で準備をしていたので試合展開などはあまり覚えていないのですが、『このひと振りに懸ける』という思いで打席に立ったのは覚えています。また来年以降、このような素晴らしい賞をもらえるように、阪神ファン、プロ野球ファンの皆さんにドラマティックな感動を与えられるようなプレーを届けられるように、頑張っていきますので、また応援よろしくお願いします」とコメント。

また、表彰式後に行われたトークセッションでは、ゲストに高橋由伸氏が登場。鈴木選手、高山選手と共に両選手のサヨナラのシーンについて語り合った。

高橋氏は、20年以上ぶりにユニホームを脱いで過ごした今年について「今まで経験できなかったこととか見えなかったものを、見させてもらったり経験させてもらって楽しい1年でした。今まで見たことない他チームのキャンプを見たり、海外でメジャーのキャンプを見たり、試合も今まで観たことがないスタンドから観たりと、ちょっと違った角度から野球を見させていただきました」と振り返った。
さらに、両選手の印象について「大地は、ジャイアンツ戦でよく打つなあと。今年も打ってたよね?高山くんは同じ六大学出身ということでずっと見ていましたけど、彼のポテンシャルからすれば、まだまだ力の半分くらいしか出せていないんじゃないかなと思いますね」と明かした。

鈴木選手の5点差を逆転したサヨナラのシーンを振り返る場面では、鈴木選手が「不思議な力が働いた試合だったなと思います。球場が1つになって、『まだ諦めないぞ』という思いがいつもよりも強かったと思います」と当時を回顧。
そんな中、監督目線でのコメントを求められた高橋氏は「勝っている方は、このまますんなり終わってくれるもんだと思ってますよね。点を取られるとちょっと怪しい空気は出てくるとは思いますが、まさか負けるとは思ってないと思います。逆に負けている方は、次につながるように1点でも取ってくれたらいいなとは思ってますよね。最近打席に立っていない選手を立たせた方がいいかなとか、そういう考えも出てくると思います」と告白した。

高山選手のサヨナラのシーンを振り返った場面で、高山選手は「当たりは完璧で、最後(ホームインの際)はスピードをつけ過ぎてベースに立った時にコケちゃったんですけど...そこだけちょっと心残りかなと(笑)」と明かし、会場を沸かせた。
そんな中、MCから「1アウト満塁、2ボールからの3球目で1球待つつもりはなかったのですか?」と聞かれると、「打席に立っている時は自分で決めようと思っているので、フォアボールとかは頭になかったですね」と返答。
相手チームがジャイアンツだったことについて高橋氏は「勝負の世界なのでこういったこともありますよね。でも、タイガースからすると、あそこまでいって勝てないと『あぁ、勝てなかったか』というゲームですし、ジャイアンツからすると『負けなくてよかったな』と思うゲームなので、(立場によって)温度感が大分違う試合ですね」と解説した。

ほか、3人の共通点である右投げ左打ちについての話題では、鈴木選手が「父と兄の影響で野球を始めたのですが、始めたときから左打ちでした」と明かすと、高橋氏も「僕も最初から左でしたね。誰に教わったということもなかったですが、右で打ったことはないです」と告白。一方、高山選手は「最初右だったんですけど、小学1年生の時から初めて小学3年生の時に"足が速い"という理由で左になりました」と明かした。

イベント後の囲み取材で、「印象に残っているサヨナラゲーム」を聞かれた高橋氏は「2000年の優勝を決めた試合。9回に江藤(智)さんが満塁ホームランを打って、二岡(智宏)のサヨナラホームランで、東京ドーム最終戦で優勝を決めて長嶋(茂雄)監督を胴上げしたという試合ですね」と告白。

また、今後のサヨナラ打への意気込みについて聞かれた高山選手は「今後もたくさんの人に喜んでもらうためにサヨナラ打を打てたらいいと思います」とコメントし、鈴木選手は「(サヨナラを)打てたらたくさんの方が喜んでくれますし、家族やチームメイトが幸せになれるので、これからもこれまでと変わらずそういう場面が来たら『絶対結果を残したい』と思ってやっていきたいと思います」と語った。

文=原田健

HOMINIS

最終更新:2019/12/1(日) 17:32
HOMINIS(ホミニス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事