ここから本文です

「愛してるぜ」「俺もだよ」酒井宏樹とトヴァンの“ラブラブ”なやり取りにファンも歓喜

11/29(金) 18:40配信

GOAL

「サカイを好きにならざるを得ない」

マルセイユDF酒井宏樹とMFフロリアン・トヴァンは、絶対的な信頼関係で結ばれているようだ。

2016年にフランスの名門チームに加入した酒井。すぐさまチームにフィットすると、3年間で公式戦134試合に出場。左右のサイドバックだけでなくセンターバックとしてプレーするなどチームに欠かせない存在となり、昨シーズンはファンが選ぶ年間最優秀選手も輝いた。

そんな酒井について、右サイドでコンビを組むことの多いトヴァンは、以前から信頼を口にしていた。酒井自身も「公私ともに本当に信頼している」と語るなど、良好な関係を築いている。

現在は長期離脱中のエースについて、酒井は先日「最近練習場にいないので話す機会はないですけど、あれだけ素晴らしい選手と組んで、3年間一緒にやって来たので、少なからず恋しいという気持ちはもちろんあります」と、復帰を心待ちにしていると語っていた。

この発言を受けてか、トヴァンは28日に自身のツイッターを更新。酒井にメンションをつけ、「愛してるぜ、ブラザー」と投稿した。すると酒井も「俺もだよ、ボス」と投稿。SNS上で“ラブラブ”なやり取りを見せた。

これに対してファンは、「サカイを好きにならざるを得ない。最初から最後まですべてを捧げてくれて、ファンとクラブを本当にリスペクトしている」「ヒロキもフロリアンも愛してる」「君は家族だ」など、喜びの反応であふれている。

手術によって年内復帰は絶望と言われるトヴァン。その間にも酒井はここまでリーグ・アン11試合に先発して2位につける好調のチームを支え、最高の状態で相棒の復帰を祝う準備を着々と進めている。

最終更新:11/29(金) 18:46
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事