ここから本文です

なぜ人は麻薬に手を出し依存してしまうのか―アメリカの悲惨な麻薬事情

2019/11/29(金) 19:45配信

LIMO

麻薬の世界も国際化が進んでいるのか、密輸ルートや種類も進化しているようで、日本でも年々、麻薬に手をだしてしまう人が増えています。

今や、麻薬は他人事ではありません。どんな人でも簡単に陥ってしまう罠があるのです。なぜ、人は麻薬の罠にはまり、抜けられなくなるのか、アメリカの麻薬事情を参考に考察します。

ヘロインの過剰摂取で亡くなった友人

日本でも人気の、麻薬を題材にした米TVドラマ「ブレイキング・バッド」にみるように、アメリカでは郊外の平和そうなごく普通の家庭でさえ、家族の誰かが麻薬を使用していたり、それが原因で亡くなったり…という話は珍しくありません。

また、医者など社会的地位の高い人でもストレスから使用してしまうということも良くあるケースです。

実は何年か前、筆者も友人を1人、ヘロインの過剰摂取で亡くしました。彼は普通の真面目な家庭で育ち、将来は数学の教授になることを夢見る大学院生でした。

彼が、躁うつ病で抗うつ剤や精神安定剤を服用していたのは知っていました。しかし、まさか彼がヘロインに手を出していたとは夢にも思いませんでした。

しばらく会わない間に、他の友人から、彼が麻薬依存症の回復施設で治療を受けていると聞きとてもショックを受けたのを覚えています。

彼は一時、回復治療を終え、教会に通うなど前向きに生活していたのですが、何かのきっかけで、またヘロインを頼ってしまったのです。 

結局は、回復施設を出て半年も経たずにオーバードーズ(過剰摂取)で亡くなりました。友人として、何もできなかった事がとても悔しく、悲しい経験です。

処方薬から始まる悲劇

米国保健社会福祉省が2017年に12歳以上を対象に行った、「ドラッグ使用と健康」(※1)についての全国調査によると、アメリカでよく使われている麻薬は「マリファナ」、「処方された鎮痛剤や精神治療薬の乱用」、「コカイン、MDMAなどの幻覚剤」、「メタンフェタミン」、「ヘロイン」の順です。

もっとも使用されているマリファナは、違法とはいえ、真面目な人ですら一度くらいは使用したことがあるのではないか、と言われるくらい身近な麻薬です。まして、最近は全面的に使用を合法化する州も増え、今後、さらに使用者が増加するのではないかと言われています。

次に多いのが処方された鎮痛剤や精神治療薬を乱用することです。医者が処方しているとはいえ、強い鎮痛剤や精神治療薬は他の麻薬と似た効果を与えます。

最初は、苦痛を和らげる目的で使用していたのが、いつの間にか依存するようになって、指示以上の服用をしたり、医療目的の枠を超えて服用したり、その薬を売買したりという犯罪行為にまで至ってしまう場合もあります。また、これをきっかけに、さらに強い麻薬へと手を伸ばしてしまう人も少なくないことも問題視されています。

最近特に社会問題となっているのは、医師が処方する麻薬系鎮痛剤、「オピオイド中毒」とそれが原因で死亡する人が顕著に増えているということです。

こうなるのも、アメリカの医療薬は比較的強いということや、医師が簡単に薬を処方する傾向があるからかもしれません。筆者自身、また家族や友人の受診経験を通して個人的にそういう印象を持ちます。

1/2ページ

最終更新:2019/11/29(金) 19:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事