ここから本文です

20代~60代の年代別で大きな差アリ!? 職場に買っていくお土産の平均金額

2019/11/29(金) 19:30配信

LIMO

プライベートでの国内旅行において、職場へのお土産選びに悩む人も多いのでは?  高価なお土産は相手に気を遣わせますし、安価過ぎてはガッカリされるもの。そこで今回は、「大和ネクスト銀行」による調査を元に「職場に買っていくお土産の平均相場」をご紹介します。

【年代別】職場に買っていくお土産の平均金額

「大和ネクスト銀行」は2019年10月「国内旅行に関する調査2019」の調査結果を公表しました。こちらは1年以内に国内旅行をした20歳~69歳の男女を対象としており、1,000件の有効回答を得ています。「大和ネクスト銀行」の同調査により、職場に買っていくお土産の平均金額がわかりました。以下をご覧ください。

【職場に買っていくお土産にかける金額】
・0円:23.8%
・3,000円~5,000円未満:21.1%
・1,000円~2,000円未満:20.2%
・2,000円~3,000円未満:18.4%
・5,000円~10,000円未満:12.2%
・10,000以上:3.4%
・1,000円未満:1.0%

概ね4人に1人が0円、つまり職場へのお土産を買ってないようです。次いで「3,000円~5,000円未満」が21.1%、「1,000円~2,000円未満」が20.2%、「2,000円~3,000円未満:18.4%」が18.4%という結果に。お土産を買うにしても、1,000円~5,000円未満のお土産を買う人が大半です。

続いて、年代別の平均金額も見ていきましょう。以下は1,000件の有効回答の内、男女722名のビジネスパーソンから得た回答です。

【職場に買っていくお土産にかける金額の平均】
・20代:2,594円
・30代:3,140円
・40代:2,179円
・50代:1,945円
・60代:2,294円
・全体平均:2,444円
出典:大和ネクスト銀行調べ

最も金額が高かったのは30代の3,140円、次いで20代の2,594円となりました。働き盛りのビジネスパーソンは、職場へのお土産にも気を遣っているのでしょうか。一方、40代~50代にかけて、お土産にかける金額が低くなっています。とりわけ50代が低く、全体平均を大きく下回る1,945円となりました。

なぜ年代が上がるほど、お土産にかける金額が低くなるのか。これは推測ですが、「部下(後輩)に気を遣わせるから買わない」という40代~50代が多いのかもしれませんね。

1/2ページ

最終更新:2019/11/29(金) 19:30
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事