ここから本文です

【巨人】大竹寛、7年ぶりアップ…5000万円に「素直にうれしい」

11/29(金) 6:00配信

スポーツ報知

 巨人の大竹寛投手(36)は2375万円増の年俸5000万円でサインした。16年1億円から今季2625万円まで減り続けていた“崖っぷち”から生き返り、広島時代の12年オフ以来のアップ。「1年間優勝に貢献してくれたと言ってもらえた。ずっとダウンだったので、素直にうれしい。チームがリーグ優勝できて、その輪にいれたということもうれしかった」と満開の笑み。

 今季は開幕2軍で、4月上旬に左ふくらはぎを痛めた。それでも「焦らず自分の体と向き合って」6月に1軍に昇格すると、32試合で4勝0敗、防御率2・77。「『持ち球はシュート』といい意味で開き直っていけた」と、リリーフ転向でよみがえった。侍ジャパンにも追加招集され「プレミア12」で世界一。「肌で経験できたことはすごい経験になった」と振り返った。

 球団からは、チーム状況によっては先発に復帰する可能性も示唆され「コンディションを整えて何でもできる体づくりをしたい」とフル回転を約束した。

報知新聞社

最終更新:11/29(金) 6:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事