ここから本文です

未来の人間の死因ってどんなもの? 専門家に聞いてみた

11/30(土) 22:30配信

ギズモード・ジャパン

なかには、今だからできる対策もあるのかも...。

日常のギモンを専門家に投げかけてみるGiz Asksシリーズ、今回は未来の人間の死因とは何かについて聞いてみました。

ちょっと積極的に考えてみたいトピックではありませんが、専門家によるアカデミックな視点からこのトピックと向き合ってみると、漠然とした不安を抱えるよりも冷静に捉えるべき問題に気づかされます。

世界中で長年トップキラーとなりつつある生活習慣病のほか、ニュースで耳にするようになった新興ウイルスのパンデミックなど、現在すでに顕在化しつつあるリスクは、未来になると急にポンと消えるようなものではなく、さらに気候変動などの要因によって起き得る影響の"変化"も指摘されています。

Andrew Noymer
カリフォルニア大学アーバイン校公衆衛生・疾患予防助教。

現在とほぼ変わらず、未来の死因も心臓病とがんである可能性が指摘できます。これら2つの病気は、アメリカで非常に長いあいだ主要な死因として(2つ合わせると)あらゆる死の半分以上を占めています。こうしたパターンの変化はゆっくりと進み、たとえば今から20年後であっても間違いなくアメリカで主要な死因トップ2になると考えています。ただ、心臓病の件数は50年以上にわたって低下しているため、現在死因ナンバー2であるがんがナンバー1になり、心臓病が2番手になる可能性はあります。

人口が高齢化するなか、団塊世代は75歳になろうとしています。このことから高齢者によくある死亡原因である事故(転倒)、そしておそらくインフルエンザや肺炎もより一般的になるでしょう。また以前はトップ10外だったアルツハイマー病は、現在では米国で6番目に多い死因です。

肥満の増加に関連し、現在死因の第7位を占める糖尿病による死亡件数も増加傾向にあります。

Elaine Hernandez
インディアナ大学ブルーミントン校社会学助教。社会の健康不平等性をもたらす構造勢力の研究に従事。

アメリカの主要な死因を予測するうえでは、死亡率につながる大きな構造的・社会的要因を考慮する必要があります。 20世紀、主に医学や公衆衛生の進歩によって平均余命が著しく高まりました。20世紀初頭には多くの人が感染症で亡くなりましたが、21世紀初頭になると多くの人々が慢性疾患で亡くなるようになりました。今日の主な死因は心臓病とがんです。

将来に目を向けると、慢性疾患は依然として主要な死因のリストの上位にあると考えられます。がんは複雑で、治療しようとしても見つけづらいことがあります。人々の行動レベルで見ても、この先10年、20年経っても心臓病による死因がトップである可能性は高いでしょう。また若年成人の肥満の増加を見ると、加齢に伴い発症する病気の種類(糖尿病、心臓病など)が予測できます。

ただ、すでに今後20年間で死亡率に影響を与えるであろう新しい傾向も指摘できます。まず、社会的または経済的に特権を持つ人々の死亡率は遅れることになるでしょう。人々は長生きし、アルツハイマー病や認知症など老年期の病気で亡くなる傾向があります。第二次世界大戦後に生まれた人たちにとっては、これらが引き続き主な死因となるでしょう。

第二に、富裕者とそうでない人の格差が50年前よりも拡大するなかで、こうした不平等性は公衆衛生に重大な影響を及ぼし、乳児死亡率の上昇の一因となる可能性があります。薬物やアルコールの過剰摂取、あるいは自殺による死の増加を招くこともあります。

第三に、疫学者らが懸念事項の上位であるとして長らく警告してきたインフルエンザ大流行の再出現があります。また、近い将来において公衆衛生上の明らかな脅威をもたらすものとして抗真菌性、抗生物質耐性があります。

最後に、気候変動による公衆衛生への影響が出てきています。わずかな温度の変化でさえ、暴力の増加や心血管死などに関連しています。環境の変化によって引き起こされる(アレルギーなど)自己免疫疾患に変化をもたらす可能性もあります。

今後20年間の主要な死因は、こうした大きな構造的死因に人々がどう対応するかに大きく依存するでしょう。

David Bishai
Population, Family and Reproductive Health ジョンズ・ホプキンズ大学教授。公衆衛生実践の経済学に従事。

未来の人間の死因といったような質問に対する答えとして、専門家の方々からさまざまな病名が挙げられたことでしょう。そうした病気の予防や治療のために、市場性のある商品を開発するヘルスケア業界のパワーが必要です。

わたしたちの多くには、不健康の理由は病気で、病気を改善するのは生物医学であるというパラダイムが与えられています。 しかし、実際に健康に害を与えるのはその場所の社会的・文化的条件であることがすぐにわかります。

心臓病、がん、脳卒中、肥満による死亡率が高いことは、特定の場所や社会集団のなかで一貫して指摘できます。実際に健康を害する要因となるのは、ライフスタイルや選択によってストレスにさらされた場所です。アメリカ人はコミュニティ内で分かれ、グループ全体を他者として排除するのをいとわないことがこの10年間の研究で明らかになっています。

将来、アメリカでの死因として「異質なもの」がさらに浮上するでしょう。自分の都市や地域、家族に属することから追い出された人々、および追い出した人々は、アロスタティックロードと呼ばれる生理学を経験します。

この生理機能は、コルチコステロイドとアドレナリンの血中濃度が長期にわたって上昇することによって流れます。これは、アテローム性動脈硬化症とがんに対する感受性を高めます。これらは心臓専門医や腫瘍医で解決する問題でしょうか?

もし死因として病名を知りたいならば、現在の主な死因である心臓病やがん、脳卒中が挙げられるでしょう。最近では(全体として多くはありませんが)自殺、飲酒、ドラッグによる死因にも注意しておく必要はあります。

私は、主な死因に関する議論が病名以外のものになることを望んでいます。将来の死因は、人々がどう接し合って「私たち」と呼べる集団グループに誰が含まれるかによります。何世紀も経ったとき人々の死の根本には、人間性とは何かを思い出せないことが関係するでしょう。

Krisztian Magori
イースタン・ワシントン大学生物統計学助教、Disease Ecology Lab代表

まずはじめに、わたしは開業医ではなく、病原体とホスト、その環境の相互作用を研究する病気の生態学者という立場であることを明確にさせてください。これまで数十年ほど、世界中の感染症のパターンを研究してきました。

私たちが抱える最大の問題の1つは、薬剤耐性です。以前は簡単に治療できたはずの細菌感染によって死にかけている人々がいます。新たな抗菌化合物を開発しない限り、さらに悪化するかもしれません。

また別のところでは、インフルエンザの大流行リスクもあります。これには、あらゆるインフルエンザ株から私たちを守る、普遍的なインフルエンザワクチンを開発する必要があります。エボラ、ジカウイルス、チクングニア、MERS、SARSなどの最近の例を含めても常に新しい感染症が発生し、ホストを私たちに切り替えたり、元の場所から出たりするリスクがあります。次の対策はまだありません。

気候変動や都市化などによる土地被覆土地利用の変化は、特にマダニ、蚊、その他の昆虫による病気の伝染リスクを高めます。さらに気候変動は、洪水、山火事、食料安全保障、極端な天候や暑さなどによる多くの問題をもたらします。熱中症や喘息、その他呼吸器疾患の流行などがそれにあたります。しかし、こうしたものは心血管疾患など進行中の慢性疾患の一因となる可能性があるため、いずれも分離して考えるのは難しいでしょう。要因は変われど、非感染性の慢性疾患が主な死因であり続けると考えられます。

Malwina Carrion
ボストン大学健康科学講師。感染症の監視、スクリーニング、治療プログラム、「顧みられない熱帯病」の研究に従事。

将来、私たち全員が死に至るような単一の疾患はありません。私たちにとって危険となるものは、地理に大きく依存します。過去にはポリオやペストなど死につながる最大の要因をコントロールすることで進歩を遂げてきましたが、現在、新興感染症と再興感染症が非常に多くあります。

水と衛生は世界中で改善されており、多くの予防可能な死亡(コレラなど下痢の原因となる病気による)を減らすのに役立ちましたが、いまだ多くの人々が苦しんでいます。「顧みられない熱帯病」として知られるNTDは、10億人を超える人々に影響を与え、なかには複数の感染症と戦っている人も多くいます。NTDの多くは直接致命的とはなりませんが、生涯にわたってひどい苦痛と障害を引き起こし、その二次的な影響は致命的です。これらは注目されることがないため、ほとんどの人にとって聞いたことのないもので、特定の献身的なグループやプログラムを除けば、現在のところ世界規模での活動はほとんどありません。

気候変動が私たちのリスク要因に変化をもたらしていること、またそれは今後も同様であることは明らかでしょう。致死性または衰弱性の病気を伝染させる蚊やマダニ、その他の媒介動物は新たな地域にまで広がり、免疫力がなく、マラリア、黄熱病、チクングニア熱などの病気に縁がないと考えていた人にも影響を与えています。

気候変動はさらに、洪水や人口の移動など病気の拡大を促進する自然災害の増加を引き起こします。多くの専門家は、1918年に起きたスペインかぜに続く別のパンデミックの可能性を指摘していて、これは時間の問題だと言われています。一部のウイルスは、より致命的になる可能性のある変異を起こしています。現在、新興疾患の約70%は動物由来であり、これが次のパンデミックの原因となる可能性があります。

最後に、慢性あるいは非感染性疾患の影響を軽視することはできません。特に高所得国、その他地域でもますます増加傾向にあります。心臓病、脳卒中、がんは世界じゅうで長年にわたり主な死因となっています。その原因はさまざまで、人々の食事や生活スタイルに根本的な変化が起きるまで続くでしょう。

Rina Fukazu

最終更新:11/30(土) 22:30
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事