ここから本文です

あの手この手の紅白“包囲網”も…NHK「米津玄師」攻略ならず

11/30(土) 16:56配信

夕刊フジ

 「Lemon」や「馬と鹿」などのヒットで知られる人気のシンガー・ソングライター、米津玄師(28)が、今年大みそかのNHK紅白歌合戦には出場しないことになったという。NHK側はあの手この手で、米津出場のレールを敷いてきたが、期待かなわぬ結果となりそうだ。

 「昨年は徳島からの中継で出演しましたが、今年はたとえ中継であっても出ないと言っているそうです」と複数の音楽関係者が声をそろえる。

 米津は現在の音楽シーンを象徴するミュージシャンだが、なかなかテレビの音楽番組に出演することがないだけに、“紅白出場”となれば、かなりの目玉となるのは間違いない。「NHKもそれを見込んで、米津包囲網を敷いてきましたから」とNHK関係者。

 先日には、米津が憧れているという野田洋次郎率いるロックバンド、RADWIMPSの出場が発表されたばかりだ。新海誠監督のアニメ映画「天気の子」の主題歌を歌うという。

 米津の手がけた「パプリカ」が大ヒットしたFoorinも初出場する。Foorinには新海監督の娘、新津ちせ(9)も参加しており、「新海監督とのパイプからRADWIMPSに結びつける。その先が米津でした。米津がプロデュースした菅田将暉も紅白に出場する。まさに米津落としの“からめ手”だったわけです」と先のNHK関係者。

 しかし、米津を動かせなかった。「もともと米津はひとりでパソコンに向かい、曲をつくる“仙人”のような人で、自身の音楽活動へのプロモーションにはそこまで積極的ではありませんから」と別の音楽関係者。

 さらにこんな話も。

 「昨年の出演後、紅組司会を務めた広瀬すずに花束を贈ったことが明らかになり、さまざまな憶測が飛び交ったことも影響しているのかもしれません」と芸能サイト編集者は指摘する。

最終更新:11/30(土) 18:40
夕刊フジ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事