ここから本文です

フジモン 妻・木下の騒動を謝罪「不快な思いさせた」騒動後、タピオカ店ロケで困惑

11/30(土) 12:22配信

デイリースポーツ

 FUJIWARA・藤本敏史(48)が30日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜、前11・55)に出演。芸能活動自粛を発表した妻のタレント・木下優樹菜(31)の“恫喝DM騒動”を謝罪した。

【写真】長女はフジモン似ユッキーナ似?3人並べばよ~く分かる

 MCの今田耕司(53)から「フジモン、元気出せや」と言われた藤本は、「めちゃくちゃ元気です」と通常よりかなり小声で返した。木下は自身の姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナーとトラブルが発生。オーナー側にどう喝メールを送っていたことが発覚し、炎上。10月9日にインスタグラムで謝罪し、今月18日に活動自粛を発表していた。

 この日、“本題”に入ると、藤本は「すみません。本当にご迷惑をおかけして…」と神妙な面持ち。そして、自身、木下、木下の母で、先方にアポイントなしで謝罪に訪れたことを説明。まずは藤本と義母の2人で向かうと、相手は不在だったといい「後日、直接電話してもらえませんかと」と言われたと明かした。

 今田が木下の現在を心配すると、藤本は「心配してありがたいですけれども、お相手さんに不快な思いをさせてしまったのが一番、それ反省すべきところ」と頭を下げた。共演のほんこん(56)からの「夫婦の問題はダンナにも責任がある。やっぱり言わなあかん、お前が」という厳しい指摘も、神妙な表情で「はい」と聞き入り、「夫婦なんで非難されて(当然)」と納得顔だった。

 また、騒動ぼっ発直後、今田との九州ロケでタピオカ店で待ち合わせだったといい、藤本がタピオカを飲む場面があったという。藤本は「騒動の前に決まってたんですよ。ロケでそこに行くって。こっちも飲めませんっていうのも無理じゃないですか」と苦笑した。

最終更新:11/30(土) 15:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事