ここから本文です

政敵15人処刑の大統領に禁錮20年 軍事法廷、現職に有罪判決 スリナム

11/30(土) 14:09配信

時事通信

 【サンパウロ時事】南米北部に位置するスリナムの軍事法廷は29日、1982年に政敵15人を非合法的に処刑したとして、ボーターセ大統領(74)に禁錮20年の有罪判決を言い渡した。

【写真特集】有名人の事件・事故被害

 同氏は中国を公式訪問し、27日には北京で習近平国家主席と首脳会談を行っており、近く帰国する予定という。

 ロイター通信などによると、ボーターセ氏は82年、政権に批判的だったジャーナリストや弁護士ら16人の拉致を軍に命令。うち15人を殺害した。ボーターセ氏側は関与を否定した上で、犠牲者らは米中央情報局(CIA)の支援の下で政権転覆をたくらみ、逃亡を試みて撃たれたと主張していた。 

最終更新:12/2(月) 18:10
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事