ここから本文です

車いすバスケ日本代表:2020東京パラリンピックへ向け「2019 アジアオセアニアチャンピオンシップス」開幕

11/30(土) 11:41配信

バスケットボールスピリッツ

2020年パラリンピックへ向けた「2019 アジアオセアニアチャンピオンシップス(以下AOZ)」がタイ・パタヤにて開幕した。男女車いすバスケットボール日本代表は11月30日(土)より初戦を迎え、予選ラウンドがスタート。今大会はパラリンピックへのアジア・オセアニア地区の出場権を懸けた真剣勝負だが、日本はすでに開催国枠での出場が決まっている。パラリンピックへ弾みをつけるこの前哨戦の模様は、YouTubeライブ(https://bit.ly/2Y0eMdH)にて配信される。

開花しはじめたトランジションバスケ

今夏の「三菱電機ワールドチャレンジカップ」ではオーストラリアに60-77で敗れたが、イランを63-57で下し、韓国にも50-36で圧倒した。及川晋平ヘッドコーチが徹底してきたトランジションバスケとフィジカルに戦うスタイルが浸透し、開花しはじめている。

直前に行われた「第16回北九州チャンピオンズカップ」には男子U23日本代表が出場し、見事に優勝を飾った。鳥海連志や古澤拓也をはじめ、若手選手たちが着実に経験を積み、チームの層が増している。パラリンピックではメダル獲得に照準を合わせる男子日本代表だけに、オーストラリアとイランのライバルたちを乗り越え、アジア・オセアニア地区制覇を目指せ。

【男子車いすバスケットボール日本代表】

#1 豊島英(2.0)30歳/宮城 MAX
#2 鳥海連志(2.5)20歳/パラ神奈川SC
#6 川原凜(1.5)22歳/千葉ホークス
#7 古澤拓也(3.0)23歳/パラ神奈川SC
#8 赤石竜我(2.5)19歳/埼玉ライオンズ
#10 宮島徹也(4.0)30歳/富山県 WBC
#13 藤本怜央(4.5)36歳/宮城 MAX
#24 村上直広(4.0)25歳/伊丹スーパーフェニックス
#25 秋田啓(3.5)29歳/岐阜シャイン
#26 岩井孝義(1.0)23歳/富山県WBC
#55 香西宏昭(3.5)31歳/NO EXCUSE
#92 緋田高大(1.0)24歳/千葉ホークス

1/2ページ

最終更新:11/30(土) 11:41
バスケットボールスピリッツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事