ここから本文です

冬の肌を輝かせるには? プロが伝授する6つの生き生きメイク法

2019/11/30(土) 15:10配信

ELLE ONLINE

極寒でも頑張って玄関のドアを開けて外に出なければならない冬の朝。そんな日でも輝き溢れる肌を作る方法を、UK版「エル」がメイクアップアーティストにインタビュー。

【TIPS1】フェイスミスト

メイクアップアーティストのケイティ・ジェーン・ヒューズ(別名:キラキラ肌の女王)が、ヒップのポケットに必ず入れるべきと言うのは優秀なミストだ。

「輝く肌を即手に入れたいのであれば、質の良いフェイスミストを用意しましょう。化粧水のようなテクスチャーでありながら、驚くほどゴージャスな輝きを与えてくれますよ」

「顔全体というよりは、鼻や頬骨、おでこなど、高さのあるパーツにまとわせるのがポイント。潤いによって輝き溢れる肌になりますよ」

【TIPS2】脂性肌の場合はクリームハイライト

「脂性肌の方に質問されるのが、ハイライトとの正しい付き合い方。その答えはクリーム状のアイテムを使うことです」

「とはいえ、油分の多いリッチなハイライトは使わないようにしてください。ライトなクリームをのせたらその上に軽くパウダーをまとわせるとヨレずにすみます」

「ハイライトを活用する上で重要なのはコントラスト。1日中輝きを保つために、顔の中心は避けることがマスト。鼻の真横ではなく、鼻筋などの高い位置に輝きをマークして。そして油分が浮いてきた箇所にだけ、あぶらとり紙を優しく当てましょう」

【TIPS3】チークをひと工夫

「極寒の冬にチークを使用するのは最も良い方法といえます。ベリー系がおすすめですが、明るめであっても暗めであっても、夏より目立つ色を選ぶのがポイントです」

「顔の中心にフェイスオイルを少量垂らし、大きなブラシで揉むようになじませます。その上にクリームチークをのせれば自然なツヤ感が生まれます。ですが、このテクニックはパウダーで行うとヨレてしまうのでNGです」

「ブラシでオイルをなじませるときはファンデーションが落ちないように軽めの圧で行いましょう。もし落ちてしまった場合は、チークのまわりにコンシーラーをポンポンとのせればOK」

「私は『フローレンス バイ ミルズ』の“チークミー レイター クリーム ブラッシュ”が大好き。透け感が秀逸です」

1/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 15:10
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ