ここから本文です

ピクルス液をムダにしない!ジューシーな鶏肉の照り焼きにスープ…「ピクルス液」を使ったアレンジ3品【ちょこっと漬け♯7】

11/30(土) 12:01配信

kufura

kufura

残った野菜などを少ない分量で手軽に漬ける「ちょこっと漬け」を料理研究家の沼津りえさんが教える連載企画。前回は、「基本のミックスピクルス」を教えてもらいました。

今回は、野菜を食べ切ってしまった後の「ピクルス液」を使ったアレンジ3品をご紹介します。余ったピクルス液もムダにしない優秀レシピとは? 早速、動画と一緒にチェックしてみましょう!

ピクルス液を料理に活用!

なんだか捨ててしまうのはもったいないピクルス液。沼津さんは、ピクルス液も余すことなくおいしく食べ切っていました。


※ピクスルを食べきった後に液を使用する場合は、再加熱してから使用しましょう。

アレンジ1:あと一品欲しい時に!中華風さっぱり春雨サラダ

まずはとっても簡単なピクルス液を使った和え物を紹介します。

【材料】(2人分)

春雨(乾燥)・・・30g

ピクルス液・・・大さじ3(食べきった後のピクルス液を使用する場合は再加熱する)

ピクルスの野菜・・・50g

ごま油・・・大さじ1

白いりごま・・・適量

【作り方】
(1)ボウルにゆでた春雨を入れ、ピクルス液と漬けた野菜を加える。

春雨はゆでて戻し、しっかり水気を切っておきます。

(2)ごま油を加えて、よく混ぜ合わせる。

(3)器に盛り付け、白いりごまを振って、できあがり!

食べると、ごま油がピクルス液と絶妙にマッチして、一気に中華風の味わいに。ピクルス液の酸味がまろやかになるので、酸っぱいのが苦手な人でも大丈夫。ごま油を合わせるだけで味が決まるので、調味いらずで簡単です!

「今回はピクルスの野菜も加えましたが、漬けた野菜を完全に食べ切ってしまっていたら、きゅうりの薄切りやわかめを合わせてもおいしいですよ」(以下「」内、沼津さん)

アレンジ2:ふっくらジューシーで感動!鶏もも肉の照り焼き

次は、ピクルス液を使った鶏肉の照り焼き。安いお肉でもふっくらジューシーに仕上がるので、ぜひ試して欲しい! おいしすぎてごはんが進むこと間違いなしです。

【材料】(2人分)

鶏もも肉・・・200g

塩・・・少量

こしょう・・・少量

ピクルス液・・・大さじ3

しょうゆ・・・大さじ1/2

1/3ページ

最終更新:11/30(土) 12:01
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事