ここから本文です

「ユニクロ」はイタリア人になぜ人気?現地で行列が続く繁盛具合

2019/11/30(土) 7:40配信

MONEY PLUS

イタリア経済誌「質と価格のバランスが最高」

ユニクロのことを知っているイタリアの友人がいたので印象を聞いてみたところ「あのパリにもあるお店でしょ。シンプルで安いからいいよね」との答え。ヨーロッパでファストファッションといえばZARAやH&Mなどが有名ですが、いずれも商品のデザイン性の高さが特徴的なブランドです。それに対し、ユニクロはシンプルで日常的に使いやすい点に魅力を感じているようです。

また、イタリアのビジネス新聞であるイル・ソーレ24オーレ紙でも「質と価格のバランスが最高に取れた日本のブランド」と好意的に紹介されており、シンプルでシックな服を好むミラネーゼ(ミラノ人)の評判は上々という印象を受けました。

ユニクロを運営するファーストリテイリングが発表した2019年8月期の連結決算によると、すでに海外営業利益は国内部門を上回っており海外事業の好調さが際立っています。中でもブランド認知の進んでいる中国、香港、台湾の成長はめざましく、海外における売上高の約半分を占めるほどです。

今後、ユニクロがグローバルブランドとして成長できるかどうかは、このアジア地域以外でどこまでブランドを浸透させることができるかがカギとなるでしょう。その足がかりとして、ミラノの店舗は好調なスタートを切ったと言えそうです。

鈴木圭(記者・ライター)

2/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 7:40
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ