ここから本文です

「富士山」「桜」だけではない、海外のかたから見た日本の魅力とは?

2019/11/30(土) 17:10配信

ベネッセ 教育情報サイト

JNTO(日本政府観光局)では、訪日外客数など観光に関するデータをWeb上で公開しました。
(https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/)

公開されたデータは、日本を訪れる外国人旅行者の数はどのくらいなのか?(訪日外客数)、外国人旅行者が訪れるのは日本のどの地域なのか?(都道府県訪問率・都道府県延べ宿泊者数)、外国人旅行者は日本で何を買っているのか?(旅行消費額)、海外を訪れる日本人旅行者の数はどのくらいなのか?(日本における海外旅行)の4つです。公開された調査からは、外国人のかたが日本にどんな魅力を感じているのか、どんなものを求めているのかもわかります。実例を挙げながらご紹介します。

月別の訪日外客数の推移を見ると、1年間の中でもっとも多いのが7月、次いで4月、10月ということがわかります(2017年の場合)。
7月は日本の訪日外客において多数を占める東アジアで夏休みがあるため増えることが考えられます。4月と10月は見頃を迎える桜・紅葉を楽しむために多くのかたが日本を訪れています。

日本の魅力というと桜、富士山……という既存のイメージがまだまだありますが、外国人観光客にとっては、日本食やカルチャーなどの新しい魅力も認知されつつあります。
とくに、訪日のリーピーター率が高い東南アジアのかたに向けては、一般的な日本の情報はすでに知られているため、新しい提案が求められています。

一方で、まだ日本に来たことのない欧米豪のかたに向けては、日本の魅力を海外のかたに知ってもらうために、JNTOでも「Enjoy my Japan(エンジョイ・マイ・ジャパン)」というキャンペーンを行っています。これは桜や富士山だけにとどまらない、多様な魅力があることを知ってもらうためのキャンペーンで、一見すると日本のイメージがないビーチリゾートや大都市のエンターテイメント、豊かな自然やアウトドアアクティビティなど、日本の多様な魅力を押し出しています。

1/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 17:10
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事