ここから本文です

侍ジャパン大学代表強化合宿初日 来年ドラフト候補の149キロ右腕、韋駄天・五十幡が猛アピール

2019/11/30(土) 21:51配信

高校野球ドットコム

2020・侍ジャパン大学代表、いよいよ始動~2020年は大久保 哲也新監督(九州産業大監督)の下、6月にオランダ・ハーレムで行われる国際大会「第30回ハーレムベーボールウィーク」に24名(予定)が参加する侍ジャパン大学代表が11月30日(土)、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムにおける2泊3日の強化合宿で始動した。

【写真】神宮大会でも空前絶後の俊足を見せつけた五十幡亮汰(中央大)

キャッチャー後ろには大久保監督をはじめとする首脳陣、ネット裏には数多くのNPB・MLBスカウトが詰めかける中、野手が13人ずつに分かれ、内外野内でポジションをシャッフルする紅白戦6イニングをメインとする初日練習には、同日に静岡県浜松市で開催された「オール早慶野球戦浜松大会」出場の8選手を除く42選手が参加。

「打者では外国人投手に対して打率を上げることができ、バットコントロールのいい選手と機動力のある選手。投手では外国人打者に通用する縦変化がある投手」(大久保監督・談)を一定の選考ハードルにおいた中、紅白戦では各選手が自らの長所を示すアピールを繰り広げた。

結果は1回裏の2点を守った白組が2対0で勝利した中、最も目を引いたのは日本体育大3年の森博人(右投右打・177センチ80キロ・豊川)。この日は最速149キロのストレートと130キロ台のスプリット、スライダーを駆使し紅組の2番手で2回1安打3奪三振無失点と、「スリークォーターからキレやスピードがあって面白い」指揮官の期待に応えつつ、最速155キロ右腕の存在感を見せつけた。

また、6年前の「U-15アジアチャレンジマッチ」に侍ジャパンU-15代表として参加した選手たちも軒並み躍動。昨年の日米大学野球選手権・侍ジャパン大学代表の古川裕大(上武大3年・右投左打・182センチ86キロ・久留米商)が安定したリードを見せれば、「ひたすら藤平 尚真(東北楽天)がすごかった」当時以来、6年ぶりに古川とバッテリーを組んだ白組3番手左腕・鈴木 昭汰(法政大3年・左投左打・175センチ80キロ・常総学院)2回2安打1四球無失点と要所を締める内容。

そして中学時代兼任していた陸上100メートルで「サニブラウンに勝った男」として名を馳せた中央大3年・五十幡 亮汰(外野手・右投左打・172センチ67キロ・佐野日大)もターボモーターの入ったような脚力で右翼線への適時三塁打を放っている。

なお、早稲田・慶應義塾勢も合流する12月1日(日)は午前中7イニング、午後7イニングの紅白戦を中心に2日目の強化合宿が行われる予定。来年の侍ジャパン大学代表主力、ドラフト候補と見込まれる選手たちの状態確認と共に「アピールゲーム」の化学反応に伴う新星の登場を楽しみにしたい。

寺下友徳

最終更新:2019/11/30(土) 21:56
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事