ここから本文です

妻がラクするための「夫を大掃除に巻き込む」マル秘テクニック

2019/11/30(土) 20:40配信

LIMO

いよいよやってくる年末の大掃除。「この間、大掃除したばかりだけど」と1年が経つのが早く感じている人も多いのでは? 仕事を持つママは、仕事よりむしろ年末の大掃除をはじめとした家事の方がよっぽど大変! と感じている人が多いようです。

「毎年、年末年始はクタクタ」というのが筆者としても正直なところです。外でも仕事、家でも家事とマルチタスクのお母さん! もっとラクしていいんです。

では、どうやったらラクできるのか? ちょっとしたコツで、家の中の戦力「夫」をフル稼働させることができます。そのためのマル秘テクニックをお知らせします。

新しく家を買った時がチャンス!「俺のもの」を大事にするところからスタート

男子の所有欲の強さは、女子のそれとは比較にならないものです。筆者宅は、新居を購入する際フローリングの素材が選べたのですが、夫の意見を取りいれました。夫の選択したフローリングは正直高くて「困ったなあ」と思いました。しかし、自分が選んだものという意識があるせいか、毎年大掃除の際ワックスがけは欠かしません。

ワックス掛けはある程度の家具の移動が伴う上、古いワックスを落として再コーティングをするかなりの重労働です。正直、筆者的には面倒くさくてやる気が起こりません。そんな作業を必ず毎年しています。引っ越して20年近く経つので、夫ももう若くないのですが(笑)「俺のもの」という意識が働いているため継続してやっています。

夫から子供たちに「大号令」を出してもらう(大掃除の分担を決めてもらう)

またもや男子の基本的欲求につけこんで、リーダーシップを発揮してもらいましょう。

今度は、大掃除の「やることリスト」をつくってもらって、子供たちの役割を決めるプロセスを仕切ってもらいましょう。さらに、夫や子供たちが掃除を手伝ってくれていることをチラッとSNSに上げると、友達から羨ましがられます。

「羨ましいって、○○ちゃんのママからいわれたんだ」と夫や子供にチラッと伝えてみましょう。(あまり大袈裟にするとSNSを見た人に嫌味に取られます)承認欲求の強い夫や子供は、他人から褒められることでモチベーションアップ&継続します。恒例化したらしめたもんです。

そして、力仕事など「パパにしかできない! さすがパパ!」と口先だけでもおだてることが大事です。もしそう思っていなかったとして、そういってください。お世辞とわかっていても褒められてうれしいことは自分も経験があると思います。

例えば「お若いですね」「おねえさん!」などといわれると、嘘と分かっていても嬉しくなりませんか? それと同じです。口を動かす(おだてる)のは手間もかかりませんし、お金も掛かりません。

1/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 20:40
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事