ここから本文です

主婦の正答率は女性平均よりも高い!「金融リテラシー」は家計管理の中で身につく

2019/11/30(土) 17:45配信

LIMO

みなさんは、お金に関する知識や判断力に自信がありますか? 金融商品のことはよくわからない、家計管理が苦手といった方もいるのではないでしょうか。でも色々な決済手段や金融商品が登場している現代。お金に関する基礎知識「金融リテラシー」は見過ごすことができません。

表「主婦の年齢別正答率」を見る

今回の記事では、金融リテラシーをどうやって身につけるのか解説していきます。

金融知識に自信がある日本人はわずか12%。アメリカと大きな差

金融広報中央委員会が個人の金融リテラシーの現状把握のために行った「金融リテラシー調査(2019年)」によると、18歳以上の個人の金融リテラシーの現状は、アメリカを対象にした同様の調査の結果と大きな差が見られました。

たとえば、「金融教育を学校で受けた人の割合」はアメリカが21%だったのに対し、日本は7.2%にとどまっています。家庭でのお金の管理などを含めた金融教育を受けたと認識している人は、20.3%となっています。また、「金融知識に自信がある人の割合」はアメリカが76%だった一方、日本はわずか12%という結果でした。

これは、「お金の話は控えるべき」「お金儲けはよくない」といった、日本人ならではの思考も原因の1つと考えられます。

日常生活で金融経験なんて保険の比較や投資信託くらいしかない…。そう思うかもしれませんよね。でも、金融庁の報告書で、老後には年金とは別に2000万円が必要とされた問題もありました。もはや他人事ではなくなっているのが、お金の問題です。家族や生活を守るためにも、お金にまつわる知識を身につけていきましょう。

主婦の金融リテラシーの特徴とは

金融広報中央委員会「知るぽると」による「金融リテラシー調査2019年」)によると、正誤問題の正答率は、全体で56.6%となっており、前回(2016年)の55.6%よりわずかに上昇しています。

全体として、年齢階層が上がるほど金融リテラシーは高い傾向にあります。また、生活設計や家計管理などの「金融教育」を受けたことがあると認識している人は、そうでない人と比べると正答率が高くなっています。

ここで主婦(18~79歳)のデータを見てみましょう。

同調査による主婦層の正答率は57.0%で、全サンプルの正答率(56.6%)とほぼ同程度。年代別でも全サンプルと同じように年齢と正答率がリンクしています。(表「《金融知識・判断力に関する特徴》主婦の正答率比較(年齢階層別)」を参照)

※統計表では男性(主夫)も含まれていますが(主婦・主夫の正答率は57.1%)、この中から女性(主婦)のみを抜き出しています。

 主婦層が全サンプルより高い得点を示している項目

ここで主婦層において良好な得点を示している項目を見てみましょう。 (全サンプル/主婦)としてパーセンテージを示します。

・緊急時に備えた資金を確保している人の割合(54.4/66.5)
・1カ月の支出を把握している人の割合(72.6/77.6)
・老後の生活費について資金計画を立てている人の割合(34.9/40.8)
・損失回避傾向が強い人の割合(77.3/87.3)

 主婦層が全サンプルより低い得点の項目

反対に主婦層で得点の低かった項目は以下のようになっています。(全サンプル/主婦)としてパーセンテージを示します。

・消費者ローンを利用している人の割合(4.8/1.8)
・お金を借り過ぎていると感じている人の割合(12.8/6.1)
・株式を購入したことがある人の割合(32.2/28.4)
・学校等で金融教育を受けた人の割合(7.2/4.1)

このように、主婦層においては借入や株式購入などの機会が少なく、支出管理や資金の計画的確保の面では良好な成績となっていることが分かります。

金融リテラシーは大きな資産を持っている人や投資家だけのものはありません。日常生活の中で「金融・保険分野の知識」や「家計管理」「ライフプラン設計」などにより、金融知識や判断力も上昇していくのです。

1/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 17:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事