ここから本文です

憧れの高級車! 10年落ちの中古車を買っても問題ない?

2019/11/30(土) 7:30配信

くるまのニュース

10年前の高級車、どんな特徴がある? 中古車販売店に聞いてみた!

 憧れの高級車も10年経つと比較的に手頃な価格で購入することができます。しかし、いくら高級車とはいえ、消耗するパーツや経年劣化は考慮する必要があります。

【画像】古く見えない!? 10年前のお買い得高級車

 では、10年落ちの高級車を購入する場合、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

 実際にどのようなポイントに気をつければ良いか、中古車販売店のスタッフに話を聞いてみました。

――10年落ちの高級車を買っても問題ないのでしょうか。

 基本的には、通常の中古車を選ぶ感覚と同じです。走行距離や実際の車体状況、保証などを確認してください。

 しかし、10年前といえど、高級車には「電子パーツ」が採用されている車種が多く、この場合は要チェックです。電子制御パーツなどの電装関係は、どんなに大事に乗っていても劣化し、故障した場合は走行不能となる可能性があります。

 私どもも定期的なメンテナンスや故障した場合の部品交換などはおこなっていますが、すべてをカバーすることは難しいです。

――輸入車の高級車の場合、国産車との違いはあるのでしょうか。

 メンテナンスや修理などの点は、新車の場合と同様、輸入車の方が手間や費用がかかる場合があります。しかし、中古車販売店によっては店舗での保証期間を設けている場合もあり、期間内であればお店側で対応可能な場合もあります。

 しかし、メルセデス・ベンツやBMWといった比較的流通量の多い車種以外、たとえばベントレーやフェラーリなどの10年前のモデルは、正規ディーラー以外では国内で対応が難しい場合も考えられます。

 該当車種や故障状況によるため一概にはいえませんが、マイナーな車種であれば、購入の際には万が一を考えた方がいいです。

※ ※ ※

 販売から10年以上前のモデルであれば、価格は驚くほど下がっています。

 メルセデス・ベンツ「Sクラス」でみれば、2007年式で走行距離10万キロオーバーの本体価格60万円というものから、2008年式で走行距離8000キロの本体価格258万円のモデルまで、幅広く流通しているようです。

1/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 20:21
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事