ここから本文です

カーナンバー1で走行したハミルトン「今日最速でなくても気にしない。将来のための作業に集中」メルセデスF1

2019/11/30(土) 13:31配信

オートスポーツweb

 2019年F1アブダビGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=3番手/2=2番手だった。FP1では1分37秒591、FP2では1分36秒566をそれぞれソフトタイヤで記録した。

2019年F1第21戦アブダビGP金曜 ルイス・ハミルトン(メルセデス)、6度目のF1タイトル獲得記念ヘルメットを着用

 通常カーナンバー44を使用しているハミルトンだが、最終戦アブダビGPのFP1前半、マシンのフロント部のみ「1」に変えて走行した。2018年のアブダビでもハミルトンは特例でFP1のみカーナンバー1を使用、その理由をチームメンバーが喜ぶからと述べていた。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン フリー走行1=3番手/2=2番手
 僕にとっては大体いつもどおりの金曜日だった。今日はリズムをつかむのに苦労したが、誰にでもいい日もあれば悪い日もあるからね。それでもマシンの感触は良かった。ただ、チームとしても、僕個人としても、取り組める点が残っているのは間違いない。今夜は腰を据えて、明日に向けてしっかり対応していかないとね。

 僕はこのマシンで新たな道筋を見つけ出そうと努力してきた。どこがうまく機能するのかは既に分かっているので、あとはマシンを今までとは違う場所に向けてプッシュしていき、今後のためにこのマシンとタイヤに他にも活用する余地があるのかどうかを見ていく。

(Sky Sportsに語り)この2戦、研究のためにマシンを別の方向に押し進めている。少し難しい作業だが、今後のために何か残せるかどうかを知る上で、このプロセスは必要なものだ。来年のことを考えてのプロセスだ。来年は違うマシンで走るけれど、それでも応用できることはあるはずだからね。

 現時点で自分が最速でないことは大きな問題ではない。今は、もっと良いものがあるのかどうかを確認する、探索的な経験をしているところなんだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/11/30(土) 13:33
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事