ここから本文です

シティーハンターだけじゃない!フランス実写版、監督の日本アニメ愛が炸裂

12/1(日) 7:12配信

シネマトゥデイ

 漫画家・北条司の代表作をフランスで実写化した映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』の公開がスタート。キャラクターのビジュアルをはじめとした原作の再現度に高さも話題の本作だが、「シティーハンター」だけではなく、主演・監督のフィリップ・ラショーによる、日本のアニメへのオマージュとみられる描写が確認できる。(この記事は映画の内容に触れています)

【動画】『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』予告編

 アニメ版「シティーハンター」は、フランスでは、1980年代から子供向けテレビ番組「クラブ・ドロテ」(1987~1997)内で放送。同番組では、「シティーハンター」以外にも日本のアニメを多数放送しており、1980年生まれのラショーは、その洗礼を浴びた“ドロテ世代”でもある。

 それだけに本作には、「シティーハンター」以外にも日本のアニメにオマージュをささげたとみられる描写やセリフがそこかしこに登場する。例えば、劇中でセクシーなセレブがライブ動画を配信するシーンでは、動画をチェックするファンの中に、白ヒゲにサングラスをかけた「ドラゴンボール」の“亀仙人”ソックリのおじいさんが登場。また、リョウが依頼人と会う広場でサッカーをする少年たちの名前は、翼など「キャプテン翼」を彷彿させるものに。本作のサブキャラクターであるパンチョの帽子が、ロベルト本郷と同じチューリップハットになっているあたり、芸が細かい。

 さらに、リョウと槇村がバーで飲んでいるシーンでは、リョウが高橋留美子原作のアニメ「らんま1/2」のタイトルにかけて、フロアレディーの「らんま」に「ビール1/2」(小ジョッキの意味)をオーダーするシーンも盛り込まれ、日本で上映されている「デラックス吹替版」にもセリフが反映されているとのこと。また、リョウがある目的のためアパートの壁にかけた絵には、アニメ「聖闘士星矢」のフランス版タイトル(Les Chevaliers du Zodiaque)をもじった文字が書かれているといったように、日本のアニメへのオマージュが詰め込まれている。

 本作では、腕は一流だが女性に弱いスイーパー(掃除屋)・冴羽リョウと相棒の香が、においを嗅いだ者をとりこにしてしまう「キューピッドの香水」の奪還作戦に挑む。吹替版では、冴羽リョウ役を山寺宏一、香役を沢城みゆきが務め、海坊主役の玄田哲章、槇村役の田中秀幸、冴子役の一龍斎春水らオリジナル声優も集合。アニメ版「シティーハンター」でリョウを演じる神谷明と、香役の伊倉一恵もスペシャルゲストとして参加している。(編集部・入倉功一)

最終更新:12/1(日) 7:12
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事