ここから本文です

綿棒3600本でカップヌードル再現! 麺と綿のダジャレです 「暇なの?というコメントが気になって…」

12/2(月) 7:00配信

withnews

 「カップヌードルを綿棒で作りました」。そんなツイートが注目を集めています。「麺」と「綿」をかけたダジャレ作品について、日清食品ホールディングスの担当者に話を聞きました。

【画像】拡大&斜めから見た写真がこちら。確かに綿棒使ってます。アクリル絵の具で地道に着色したそうです

「麺も綿棒です」

 1971年に誕生した世界初のカップ麺「カップヌードル」。そのツイッターアカウントが先月28日、こんなつぶやきを投稿しました。

 「カップヌードルを綿棒で作りました。ややこしいですが、麺も綿棒です」

 添付された画像には、3600本の綿棒を組み合わせてカップヌードルを再現したものが写っています。どうやら麺と綿をかけたダジャレのようです。

 このツイートに対して、「綿棒なのに食欲そそられる」「麺の質感が本気出しすぎててすげぇ」といったコメントが寄せられ、リツイートは4万、いいねは20万を超えています。

日清に聞きました

 「身近にある綿棒で、麺であるカップヌードルを本気で作ったら面白いのではないかと思い、投稿しました」

 そう話すのは、日清食品ホールディングス宣伝部の係長・岡崎俊英さんです。

 カップヌードルのSNSでは、楽しみながら、ブランドへの愛着を感じてもらえるようなユニークな投稿を企画。過去には容器を使って船などを再現したこともあります。

「素直に嬉しく思います」

 綿棒の色つけにはアクリル絵の具を使用。カップヌードルを立体的に見せるため、サイドの影の部分を暗い色にするなど工夫したそうです。

 一見、綿棒の先は同じ大きさに見えますが、微妙なバラツキがあったため、キレイに見えるように調整するのが大変だったといいます。

 話題になったことについて、岡崎さんはこう話します。

 「表示回数が1000万回近くになっているので、これだけの方に見ていただけているんだ、と素直に嬉しく思います。『担当者暇なの?』というコメントがやや気になりますが……」

最終更新:12/2(月) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事