ここから本文です

<古谷一行>磯川警部役でSPドラマ「悪魔の手毬唄」に出演 加藤シゲアキと“新旧”金田一コンビに

12/2(月) 7:00配信

MANTANWEB

 「名探偵・金田一耕助シリーズ」(TBS系)などで金田一耕助を演じてきた俳優の古谷一行さんが、「NEWS」の加藤シゲアキさん主演のスペシャルドラマ「悪魔の手毬(まり)唄~金田一耕助、ふたたび~」(フジテレビ系)に出演することが12月2日、分かった。1977年放送の連続ドラマ「横溝正史シリーズI」、翌年放送の「シリーズII」でも金田一を演じた古谷さんだが、今作では、加藤さん扮(ふん)する金田一耕助とバディーを組む岡山県警警部の磯川常次郎を演じる。古谷さんが“金田一ドラマ”で金田一以外のキャラクターを演じるのは初めてで、加藤さんと古谷さんは初共演。

【写真特集】古谷一行“磯川警部”の登場シーンは… 新鮮!

 磯川は、金田一と「獄門島殺人事件」など過去にも一緒に事件を解決したことがあり、確かな信頼関係と深い友情で結ばれている。キャリアもあり、洞察力にも優れた名警部であるが、20年前に鬼首村(おにこうべむら)で起きた「青池源治郎殺人事件」は解決できなかった。そのことを長く悔やんでいて、亡き源治郎の妻、青池リカ(寺島しのぶさん)のために、なんとか事件解決の糸口を見つけるべく金田一を呼び出すという役柄だ。

 古谷さんは、オファーを受けたときの心境について「金田一耕助ではないキャラクターを演じることに最初は戸惑いましたが、年を重ね、今の自分が金田一のバディーである磯川警部を演じたらどうなるのか次第に興味が湧いてきました」と振り返る。加藤さんが演じる金田一の印象には「さらっと風のように現れ、風のように去っていく、その爽やかさがとてもいいですね。内容がドロドロしているから、金田一の爽やかさが物語においてとても大事なんです。そして加藤くんの若さが躍動感やダイナミックさを生んでいると思います」と話し、「思い返せば、僕が最初に金田一を演じたのが33歳の時だったので、今の加藤君(32歳)とほぼ同じ年だった」とコメントしている。

 また、撮影中のエピソードとして、「監督に『金田一』と呼ばれると加藤君より先に俺が反応しちゃって(笑い)。長いこと演じてきたので金田一が体に染みついているんです。初日に3回、計4回反応してしまいました(笑い)」と明かしている。

1/2ページ

最終更新:12/2(月) 7:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事