ここから本文です

「アメーバピグ」PC版が2日終了 Flash停止で苦渋の決断

12/1(日) 18:17配信

毎日新聞

 IT大手のサイバーエージェントが運営する「アメーバピグ」PC版が2日午後10時、サービスを終了する。2009年2月にスタートし、自分そっくりのキャラクターを作って着せ替えをしたり、他のユーザーと交流したりできることから人気を集めたが、同サービスで用いられているアドビシステムズ社の「Flash」の開発・配布が20年末で終わることから、サービス終了が決まっていた。インターネット上では、ユーザーから「ピグ友に出会えた」「ありがとう」といった声が上がっている。

 アメーバピグ運営チームは、サービス終了を発表した今年3月、「Flashを使用せずPC版ピグサービスをお届けする技術検証を重ねてまいりました。しかし、Flashから始まりFlashと共に発展しながら10年間で広がってきたPC版ピグサービスの世界を別技術で完全再現してみなさまにお届けすることは困難を極め、苦渋の決断ながらこのたびPC版ピグサービスの終了を決定いたしました」とユーザーの理解を求めていた。

 「スマートフォン版ピグ」と「ピグパーティ」は引き続き利用できる。【デジタル編集グループ】

最終更新:12/2(月) 12:33
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事