ここから本文です

イチロー氏 かつての本拠地で念願の草野球デビュー 背番号1「9番・投手」

2019/12/1(日) 13:15配信

デイリースポーツ

 今年3月に現役を引退し、米大リーグ・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(46)が1日、友人らと結成した草野球チーム「KOBE CHIBEN」の「9番・投手」として、神戸市のほっともっとフィールド神戸に登場。念願の草野球デビューを果たした。

 真新しいユニホーム姿でイチローがかつての本拠地に戻ってきた。背番号は「51」ではなく「1」。エースナンバーを背負ってマウンドに上がった。注目の第1球。先頭打者から空振りを奪うとあっさりと3球三振に仕留めた。続く打者は投ゴロ。3番打者も空振り三振に斬り、10球で1回を終えた。

 試合開始前には誰もいないフィールドに一人で駆け出し、ゆっくりと右翼方向へ。そこからチームメートとキャッチボールを始めた。徐々に距離を伸ばし、背面キャッチも披露。早くも場内を盛り上げた。

 待望の草野球の対戦相手は智弁和歌山高の教職員チーム。昨秋、同球場で行われた智弁和歌山の試合を観戦し、熱い野球応援に感動したことがきっかけで交流がスタート。草野球チームの初陣の相手として同校に試合を申し込んでいた。

 オリックス時代の本拠地で行われる草野球デビューに向けてイチロー氏はトレーニングに加えて投げ込みなどの自主トレを慣行、万全の準備を整えてきたという。

 この日はチーム名のロゴをあしらった青のトレーニングウエア姿で11時20分に球場入り。関係者に解放された内野席には、智弁和歌山の吹奏楽部OBや応援団が大集結。プライベートな草野球の一戦とは思えない豪華な雰囲気を醸し出した。場内アナウンスも流れ、ビジョンにはスタメンが映し出された。

 イチロー氏は現役最後の試合となった3月21日の引退会見で草野球への思いを告白。「また楽しい野球をやりたい」として「草野球」に言及。「プロ野球でそれなりに苦しんだ人間でないと、草野球を楽しむことはできないのではないか」「これからはそんな野球をやってみたい」と願望を明かしていた。

最終更新:2019/12/2(月) 19:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事